【北海道】冬用タイヤ装着状況調査(第3弾 最終) 2017

 NEXCO東日本北海道支社は、冬用タイヤの早期交換を促します。その目安として示されるのが装着率。既に第1弾と第2弾で計5回が公表され、今回第3弾として最終を迎えます。

 第3弾となる6回目の調査は11月10日に実施、全体で87.2%の装着率でした。昨年同時期に比較すると冬用タイヤへの交換が遅めだという。今週末の11月18日から19日にかけて北海道の広い範囲で吹雪が予測され、早急な交換を訴えています。

 なお、毎回示されていた実施場所毎の装着率は今回発表がありませんでした。

NEXCO東日本北海道支社(札幌市厚別区)は、本格的な降雪・積雪期を迎えるにあたり、早期に冬用タイヤへの交換をお願いするため、冬用タイヤの装着状況調査を実施したので、最終結果をお知らせいたします。
広告
336

シェアする

フォローする

広告
336