ミニバンタイヤの先駆者は トーヨーのTRANPATHシリーズ!

 TRANPATHシリーズ、先駆者となるのは1995年に誕生した「TRANPATH MP」です。20年以上も前、他メーカーに先駆けたミニバン専用という発想は、当初から圧倒的な注目を受けたもではありません。受け入れには相応の時間を要しました。

TRANPATH MP の投入から4年

 車種としてのミニバンはヒットを続け、キャンプなどアウトドアの用途から日々の生活で使用する街乗りへと変化して行きます。「TRANPATH MP」の投入から4年後の1999年、「TRANPATH MP plus」が投入されます。

大ヒット!

 このころから他メーカーもミニバン専用タイヤへ注目、市場での競争が激しくなりつつあります。先駆者としてのプライドは2003年発売の「TRANPATH MP3」を実現します。快適性と走りの安定性という相反する性能を実現し、販売ボリュームは前年比250%を達成する大ヒットになりました。

プレミアムにも向けられる

 2005年にはミニバン専用として誕生10年を迎え、トヨタの「アルファード」、日産「エルグランド」、ホンダ「エリシオン」などプレミアムミニバンをターゲットにした、シリーズ最高峰モデル「TRANPATH Lu」が投入されます。

 2007年「TRANPATH MP3」の性能を踏襲し しなやかさ を加えた「TRANPATH MP4」を発売。スーッと走れるミニバン専用タイヤとして進化しました。

低燃費タイヤへ

 2010年から導入が開始された低燃費タイヤは市場に大きな変革をもたらします。これに適合するのが高性能としての認識を高めます。2011年に投入された「TRANPATH mpF」は基本系統として5代目となり、ラベリング制度は「A/b(一部「c」)」を実現、最高レベルの低燃費性能を謳います。そして2014年に TRANPATHの3シリーズ展開へと向かいます。

3シリーズ化

 「TRANPATH mpZ」はスタンダードからコンフォートまでをフォロー。昨今のミニバンはタイヤサイズはそのままに積載容積と車両総重量が増え、低燃費性能も求められます。これに対応しラベリング制度は「A/b(一部「c」)」を実現。

 「TRANPATH LuⅡ」は「TRANPATH Lu」の後継。最上級の静粛性と快適性を備え、ようやく低燃費タイヤの実現を果たします。ラベリング制度は「A/b」。

 そしてミニバンタイヤへ新提案となる、軽カーハイト系専用「TRANPATH LuK」を追加。ラベリング制度は「A/c」を実現し、ミニバンタイヤ同様に先駆者としてアピールを強化します。

新カテゴリー

 2016年はTRANPATHシリーズに、ミドルクラスのミニバンをターゲットにした「TRANPATH ML」が登場。TRANPATHシリーズの新カテゴリーを謳い新しい TRANPATH の提案です。

 ミニバンタイヤはブリヂストン、ヨコハマ、ダンロップが新製品を次々に投入、話題性が多く受けて立つ TRANPATH にとって厳しい状況です。ただこの動きはミニバンカテゴリーにとっては理想的な展開であり、その結果として過去最大の隆盛が見られます。

現在ミニバン専用タイヤは、国内4メーカー+グッドイヤーがラインアップ。ふらつきや片減りを抑制しながら低燃費性能と快適性、そして寿命への得意性を発揮する。低燃費タイヤは2010年1月から導入開始、同時にミニバンカテゴリーへも製品投入が果たされる。
広告
336

シェアする

フォローする

広告
336