2021年シーズン アジアンタイヤの特徴を示す!

KENDA(ケンダ)タイヤ製品一覧

 KENDAのラインアップはプレミアム、コンフォート、ミニバン、SUV、そしてスタッドレスなどから構成されます。相応の種類が存在しタイヤ選択の期待感は高まります。但し、ここではスタッドレスタイヤにのみ焦点を。注目は「ICETEC NEO KR36」。

KENDA ラインアップ

スタッドレスタイヤ

スポンサーリンク
運営者

タイヤに特化した専門サイト! 単身オリジナル情報の発信に励む、2006年開設です。

スポンサーリンク

タイヤメーカー(人気ピックアップ)

NANKANG(ナンカン)タイヤ性能比較

NANKANGタイヤ、1959年創業の台湾メーカーです。何と読めばいい? ナンカングかな・・ ナンカンです。現在は認知され正しい読み方は定着した、と思います。英‥

NITTO(ニットー)タイヤ性能比較

NITTO(ニットー)はトーヨータイヤの輸出用ブランド、特に北米を中心とした展開が顕著です。一定層に人気がある、一定層とはまぁコアなファンとでも言えばい‥

ATR RADIAL(エーティーアール ラジアル)タイヤ性能比較

ATR RADIAL(エーティーアール ラジアル)は国内でのブランド名。メーカーはインドネシアの PT Multistrada Arah Sarana Tbk.=通称 MASA です。1991年に‥

ZEETEX(ジーテックス)タイヤ性能比較

ZEETEX(ジーテックス)は、ドバイを拠点にしている大手タイヤディーラーであるZAFCOのPBであり、ブランド誕生は2005年です。ZAFCOは1993年に設立され‥

HIFLY(ハイフライ)タイヤ性能比較

HIFLY(ハイフライ)タイヤはやや異なる手法で国内導入を果たしました。最初の投入製品はスタッドレスタイヤ「Win-turi 212」から。正直どうよ? の見方が強か‥

スポンサーリンク
アジアンタイヤWEBサイト
タイトルとURLをコピーしました