ピレリ Cinturato P7 進化モデルを発売か?

PRIMACYの展開はプレミアムコンフォート!

 極上の静粛性とハイレベルの走りを満たすプレミアムコンフォート、ミシュランでは「PRIMACY(プライマシー)」シリーズがその役割を担います。

 初代に位置付けられるのが「PILOT PRIMACY」です。スポーティーコンフォートを主張、しかし運動性能を強調する「PILOT(パイロット)」をネーミングの一部としており、カテゴリー特性に完全化するのは半端さがありました。発売は忘れたけれど2001年あたりだったかと・・

 この基本性能を継承しつつ派生、というか完全「PRIMACY」シリーズへ取り込んだのが、2006年発売の「PRIMACY HP」です。HP=ハイ・パフォーマンスの意味。上質のコンフォート性能と運動性能の両立を目指しプレミアムコンフォートのみに留まらず、スポーツコンフォートとしての役割も果たすことになります。

 2009年には「ENERGY MXV8」の後継として「PRIMACY LC」が登場しました。日本で開発され静粛性と転がり抵抗に優れた低燃費タイヤです。パターンノイズとロードノイズを徹底的に低減し、最上級の静粛性を強調しました。

 「ENERGY MXV8」はプレミアムコンフォートとしながらもコンフォートの「ENERGY」シリーズを継承、ターゲットにはミニバンも推奨されました。ミニバン専用を設定しないミシュランのラインアップで貴重な存在でした。「PRIMACY LC」への移行はその位置付けが遠のいてしまったのが残念です。

 「HP」と「LC」は微妙に方向性が異なります。しかしながら基本コンセプトは踏襲し、双方とも「PRIMACY」シリーズ2代目に位置付けられました。

 このあたりからラインアップにおける「PILOT」シリーズと、「PRIMACY」シリーズの主張がより明確化していきます。「PILOT」シリーズは運動性能を満喫させるスポーツへ、対してハイレベルなコンフォートを実現するのが「PRIMACY」シリーズです。

 そして3代目になるのが「PRIMACY 3」。欧州で先行販売され、2013年に待望の国内販売が実現しました。2代目の「HP」と「LC」を融合しアクティブコンフォートを声高に謳います。欧州同様国内でも評価の高さを誇り注目製品のひとつになりました。

 そして欧州では「PRIMACY 4」が発売。国内は2018年に登場、一気に注目が高まりました。プレミアムコンフォート第4世代突入! やはり待望論が根強かった。

タイヤWEBサイト
タイトルとURLをコピーしました