メジャータイヤもサマーキャンペーン実施中!

ゲリラ豪雨に遭遇、その時どうすればいい?

 突然大気が不安定になり何やら涼しい風が吹いてきた‥ 徐々に空が暗くなり怪しさ最大化した時、激しい雨が降り出します。雨、雨、雨!! 特に午後から夕方に掛けて起こりやすい。いわゆるゲリラ豪雨です。

 これは大変。正にバケツをひっくり返したような、と言われるけれどそれだ。こうなると視界は不良、そしてあっという間に冠水しクルマの走行に危険をもたらします。ヘビーウェットなんかのレベルじゃない。水中走行そのもの。

 こんな時、無茶な判断は絶対にせず慎重に走行したいものです。ただ慎重に、と言ってもいったいどうすれば? 一気に突撃する、それとも行かないでUターン?

状況判断を誤らないこと

行かないという判断も必要

 状況を想定してみたい。雨でワイパーは激しく動き、対向車線からは水しぶきが容赦なく襲って来ます。走行車線の轍はもうジャブジャブ状態、そこを走り続けるとクルマのボトム(床)にゴゴゴゴ、激しく水が当たる。

 走行ラインをずらせば避けられるも、対向車などあり逆に危険です。スピードを出来る限り落として走行するしかない。それでも所々でハンドルが取られます。シッカリ握っているせいか力が入る。慎重なドライブが求められ結構緊張します。

 そして激しい雨は一時やみ小康状態。その時、交差点前が珍しく渋滞しているのならその場の冠水を疑ってみるべきです。意外と多い場所のひとつが交差点です。

 この時に行けるか行けないかの判断は水位です。一般に行ける判断はタイヤの1/3位までの浸水が限界かと。クルマのボトムが着水するようなら避けたほうがいい。水位不明では絶対行きません。

 もし強引に行ったらどうなる? マフラーへ逆流、エンジン内に水を吸い込んだら走行不能に陥るケースが想定されます。走行可能と判断した場合でも、ゆっくりと波立つことを避け車体への影響が最小限に抑えることを意識したい。

高速で襲われたら

 高速走行でも危険が襲います。ハイドロプレーニングの可能性です。タイヤが水膜に乗りあげる現象。タイヤの溝に流れる水がオーバーフローで排水が困難になり、ステアリングとブレーキ操作が不能に陥ります。

 避けるには走行中にゴゴゴ、ゴゴゴという水しぶきがクルマのボトムに当たる音が聞こえるなら、速度を落とす必要があります。

 もっと重要なのはトレッドの摩耗状態です。摩耗激しいタイヤでは排水性能が劣り危険度は非常に高まります。溝の確保、というか摩耗で溝が浅くなったタイヤではとてもじゃないが恐くて走れません。この状態がどうか、最も重要なところです。従って点検は定期的に行いたい。

タイヤWEBサイト
タイトルとURLをコピーしました