第46回東京モーターショー2019 のレポートです!

 2年に1度のクルマの祭典、第46回東京モーターショー2019 が開催中。期間は2019年10月24日 ~ 11月4日まで(一般公開は10月25日から)。で、予定通り26日に参上致しました。

 台風、更には前日の大雨で我が町も被害が出ています。僅か数㎞先は甚大です。この状況に26日は延期も検討。しかし、21時頃には雨も止み行けるだろう、と判断。最終的には当日朝に決定します。

 当日の早朝、まずは交通網を確認したら問題なさそう。(田舎から新幹線で行くもんで)モーターショーそのものも大丈夫。もうひとつ、今回アシスタントを雇った関係でそっちも心配。息子です。住んでいるのは埼玉、問題なさそうですね。ということで頑張って行きましょう!

 埼玉 埼京線の途中駅で息子と合流、会場最寄り駅は複数候補からりんかい線の国際展示場駅を選択しました。前回はゆりかもめで東京ビックサイト駅を利用したのですが、アシスタントの希望もあってりんかい線で向かいます。結果としてこれ正解。

 さて、駅に着いたがどう行けばいい? 案内には徒歩7分とある‥ 心配無用でした。案内の看板出ているし、あの特徴的な建物が直ぐ眼下に入ります。時間は10時半、既に大勢の人で溢れています。これは期待出来そうだ。

 当日券を買い会場入り。ところがいまひとつ会場の理解が出来ていない。タイヤ関係はビックサイト南館のはず。迷い余計な経路を辿りようやく目的ブースへ着きました。

 注目の出展企業、タイヤ関連はブリヂストン、ヨコハマ、住友ゴム(ダンロップ/ファルケン)、グッドイヤー、そしてコンチネンタルの5メーカー6ブランド。これらはすべて隣接しています。オートサロンとは違い部品関係を全てまとめてしまったよう。

 注目はコンセプトや未来の技術、ではなくて製品そのもの。しかも季節柄オールシーズンとスタッドレス2つのタイヤカテゴリーに注目します。各社の製品ラインアップの詳細を可能な限り確かめたい。このスタンスです。

 まずスタッドレスタイヤから。ブリヂストン「BLIZZAK VRX2」、ヨコハマ「iceGUARD 6」、ダンロップ「WINTER MAXX 02」、グッドイヤー「ICE NAVI 7」そしてコンチネンタル「VikingContact 7」。

 オールシーズンタイヤは発売されたばかりのダンロップ「ALL SEASON MAXX AS1」、グッドイヤー「Vector 4Seasons Hybrid」、「Assurance WeatherReady」、そして2020年1月発売予定のヨコハマ「BluEarth-4S AW21」もありました。今シーズンはこれら大注目でしょ!

 更にはダンロップ「エナセーブ NEXTⅢ」がある。これも発売がアナウンスされたばかり。従来品「エナセーブ NEXTⅡ」からウェットグリップ性能の低下をほぼ半減させた超低燃費タイヤです。

 遊びを大いに感じたのはコンチネンタル「EcoContact 6」。今回のショー専用ではないでしょうけど、トレッド面から靴が飛び出している様は驚き笑います。これじゃ走れない、どころか装着出来ない。でもこのセンスいいですね。

 ファルケンも一応撮ったので載せておきますね。

 興味は正直こんなところです。東京オートサロンをイメージし比べると規模そして内容も簡素化されているような。パーツメーカーとしての出展は十分理解しているし脇役なのはショウガナイ。メインのクルマブースに比べ人が少ないし、結果として立ち止まり、行ったり来たり何度でもゆっくり見れるのがいい。

336

折角だしクルマのブースへも移動

 今回、会場は来年に迫るオリンピックの関係で東京ビックサイトの一部に使用制限が掛かっています。その為に東京ビッグサイト青海・西/南展示棟、MEGA WEB、シンボルプロムナード公園、TFTビル横駐車場などに分散されています。

 TFTビル横駐車場ではデモ走行をやっている、というので移動したけれどまた迷う。ようやく着いたらちっさい駐車場でドリフトのデモ中。しかし、直ぐに終了。次の走行予定まで時間が空く。ならもういいや‥

 次に青海会場へ移動。歩くとその距離1.5㎞。この日の気温は25℃近い。既にバテバテだし歩くのは無理! 無料シャトルバスを利用します。しかぁし、乗るまでに30分以上待つことに。炎天下で更に体力消耗、まるで修行です。息子と2人無口になる。

 ようやく青海、そしてMEGA WEBへ。トヨタブースでは丁度社長の挨拶が行われておりもう人、人、人で大変。近寄れないし撮影するなの看板ある、とてもじゃないけどこんなとこに長居できません。そそくさ次へ。

 不満ばかりになってしまうけれどMEGA WEBへはおばけ屋敷へ入る気分。しかも出入口が非常に狭い! そこに人が集中、出る人と入る人がぶつかり合う。なんだかなぁ‥

 結局、タイヤ以外はそれほどインパクトを受けるもんなかった。新型のトヨタ「ヤリス」やホンダ「フィット」もあったけど、そうなのね程度でほとんどスルーです。

 この頃になると既に体力はゼロに近く補給しないと燃料切れを起こしそう。ということで冷たいアルコール燃料を満タン給油、本日一番の満足です。これで遠く離れた自宅へ無事帰還出来ますね。

 次回は2021年。その前、来年1月にオートサロンがあります。こちらはいつも通り気合入れて行かないと! その為にもアシスタントとは契約更新を希望。条件上がるかな?

入場者数が大幅に増加!(11月11日追記)

 今回の会場である東京ビッグサイト青海・西・南展示棟、MEGA WEB、および屋外のDRIVE PARKにおける総来場者数は1,300,900人だったという。特に14歳以下の来場者の割合は前回比で約7割増加。

 前回2017年は771,200人、2015年が812,500人、2013年が902,800人という状況だったので、大幅増となりました。課題もまだあるようだけれど来場者数が戻って来たのはいいことでは。

336
336