【東北地方】冬用タイヤ装着状況調査(第6弾 最終) 2018

 いよいよ最終報告です。NEXCO東日本東北支社の 冬用タイヤ装着状況調査(第6弾 最終)は12月10日に実施されました。東北全体は前回の84%から95%にアップしましが、未だ一部で未装着が残ります。

 今シーズンは暖冬の影響で例年よりも装着率が伸びません。11月は稀に見る暖かさでしたもんね。しかしそこはやはり冬、遅れるも寒さは確実に訪れました。それに反応するよう12月に入り装着が進んだかと。

 冬シーズンはこれからが本格的です。雪道での安全走行を強く意識し、この冬も乗り切りましょう。以下調査箇所毎の数値を示します。

NEXCO東日本東北支社(仙台市青葉区)は、本格的な降雪期を迎えるにあたり、早期の冬用タイヤへの交換を喚起し、雪道運転の安全走行を啓発することを目的に、高速道路における冬用タイヤの装着状況調査を行い、その結果を公表します。
336
336