乗用車用冬タイヤの販売動向 2016-2017 GfK

 GfKジャパンは、2016 ~ 2017年シーズン(2016年9月 ~ 2017年2月)における乗用車用冬タイヤの販売動向 を発表しました。販売本数は前年比7%増、金額ベースでも同7%増です。しかし、地域差が大きくシーズン前の見込み値に届かない販売店も多くあったという。

 データは、全国のカー用品店、タイヤ専門店(メーカー系列を除く)、ガソリンスタンド、インターネットの販売実績を元に、市場規模相当に拡大推計したものです。

 シーズンの滑り出しは低調でした。9月第1週から10月第4週(9月5日 ~ 10月30日)の販売本数は前年比5%減です。しかし、10月第5週から12月第2週(11月1日 ~ 12月18日)では前年比16%増と前年を上回ります。商戦前半の低調がこの時期に集中、一気に販売を牽引したと分析。首都圏を襲う降雪も影響しているでしょう。しかし、12月第3週から2月第4週(12月19日 ~ 3月3日)では前年比3%減となるマイナスです。

 2016-2017年シーズンとしてみると、関西以西は2桁成長に対して、関東・甲信越は微増、北海道 ~ 東海・北陸では横ばい。シーズン前の見込み値に届かない販売店も多くあったよう。

 また、複数の国内メーカーでは新製品発売に伴い旧モデルのお得感が高まりました。これが売れ筋となり販売をけん引しています。更に国内メーカーのリピート購入意向は海外メーカーに比べ20%以上高いよう。製品力、そして軽カー向けサイズのラインアップなどが市場シェアに影響する、としています。

乗用車用冬タイヤの販売動向 2016-2017 – GfK

 非常に興味深い、当サイトもほぼこれに沿った展開でした。特に旧モデルに対する注目はその通り。具体的にはブリヂストン「BLIZZAK LEVO GZ」、ヨコハマ「iceGUARGトリプル プラス」、ダンロップ「WINTERMAXX 01」など。シーズンを通して季節商品の特性が大きく影響される、という認識を高めます。

広告
336
広告
336