スタッドレスと夏タイヤ いろんな意味で気になる展開が見られます

 9月からようやくアジアンスタッドレスの更新作業に入る予定です。体裁の修正は一応終わっているので、コンテンツを2016-2017年へ向けての最新情報へ切り替えます。僅かながらも得ている情報を上乗せし、選択の足しになるよう頑張ります。

 ただ既にスタッドレスコンテンツは相応の興味を得ており、動きには特徴が見られます。銘柄別では昨シーズンに引き続きKENDA「ICETEC NEO KR36」とNANKANG「ESSN-1」が拮抗し、そこにNANKANG「SN-1」が迫る展開です。以下には MOMO製品が控えます。これにはちょっと驚いた。一時の気まぐれなのかは ? ですが、まぁ動きとしては面白い。

 性能比較表はメーカー別に分離し、こちらはNANKANG、MOMO、NEXEN、KENDA と続きます。MOMOがやっぱり上位にある・・ということは、今シーズンMOMOが来るのか! いろんな期待を込めながら更新作業を進めます。

 同時に夏タイヤもまだまだ興味は維持されます。そこで気になっているのはフェードアウトが近いのでは、と思えるメーカーが出てきたこと。静かに消えて行きそうなのは SONAR と MARANGONI です。販売する オートウェイ の在庫数は減るばかり。現在は残り数本になっちゃいました。これ売り切って終わりかな。

 対してずっと待っているメーカーもある。WANLI です。1月の東京オートサロンで新たな国内展開をアナウンス、プロドリフト D1 参戦では優勝するなど戦闘力の高さを示しています。しかし、市場での動きに際立ったものが見られません。今シーズンは D1 だけのアピールなんでしょうかね? いずれにしても、今後の展開はいろんな意味で気になるところです。

広告
336
広告
336