スタッドレスタイヤ性能比較 注目の製品展開!

オールシーズンタイヤは降雪地域でも可能性あり?

 オールシーズンのターゲット、実は降雪地域の人も検討されるべきメリットが見出せます。冬シーズンメインは絶対的にスタッドレスを装着すべきなのは間違いない。しかし、残りの期間をオールシーズンにすると‥

 ザックリながらスタッドレスの装着期間を11月下旬から3月末までとしたのなら4ヶ月の装着期間、プラス1ヶ月でも5ヶ月です。残りは7 ~ 8ヶ月、これ夏タイヤへ交換していたのがこれまで。オールシーズンにしたのならどうなる?

 夏タイヤの代りとしてオールシーズンなら、11月下旬の交換を12月中旬頃まで遅らせられるかも。例年以上に早い初雪があったとしても、オールシーズン装着ならその場を凌ぐことが可能です。

 DIYで交換ならタイミングは自分次第。でも業者へ依頼する場合、初雪直後もしくは降りそうな時など混雑はマックス、数時間待ちなど当たり前。この時、交換のタイミングを一時後ろへずらすことが出来れば慌てなくともいい。何よりも待ちのイライラが避けられます。

 また3月末に夏タイヤへ交換していたけれど、3月の初旬頃に交換してしまっても行けそうでは。更に近年よくある桜が咲く頃に雪が降る、しかも積雪になることから折角夏タイヤへ交換したので動けない、というケース。この時、夏タイヤじゃなくてオールシーズンだったらそのままでも大丈夫。

 状況にもよるけれど、冬真っ盛りのアイス路などとは異なり初雪や遅い春の雪は、水分多くオールシーズンの冬性能で対応可能なケースが多いはず。ということから可能性を検討してもいいかと。

運営者

タイヤに特化した専門サイト! 単身オリジナル情報の発信に励む、2006年開設です。

タイヤWEBサイト
タイトルとURLをコピーしました