タイヤチェーン規制とは。タイヤチェーン規制はスタッドレスタイヤの装着ではダメか?

タイヤチェーン規制とは

タイヤチェーン規制

 冬の道、特に雪国の高速道路では、雪による規制が布かれることがあります。一般的には「チェーン規制」です。しかし、この言葉からするとスタッドレスタイヤを装着している場合でも、タイヤチェーンの装着は必要なのでしょうか。

「すべり止め装置装着規制」と「全車両チェーン装着規制」

 実は、「チェーン規制」には2種類の意味合いがあります。ひとつは「すべり止め装置装着規制」、もうひとつは「全車両チェーン装着規制」です。

 「すべり止め装置装着規制」とは、スタッドレスタイヤもしくは夏タイヤならタイヤチェーンの装着が必要となるものです。スタッドレスタイヤを装着していれば、タイヤチェーンの装着なしで通行可能になると言えるようです。

 この規制の表示は、「スベリ止必要」や「冬用タイヤ規制」とする地域もあれば、「チェーン規制」とする地域もあるようです。

 対して「全車両チェーン装着規制」は、たとえスタッドレスタイヤでもタイヤチェーンの装着が必要となります。

 「チェーン装着車以外通行止め」となるこの規制は、険しい山道などでタイヤチェーンがないと走れなくなったり、スリップ事故多発など、渋滞防止や事故防止の為に、スタッドレスタイヤでもタイヤチェーンの装着が必須となるのです。

 通常なら「すべり止め装置装着規制」ですが、積雪量や凍結状態によっては緊急措置として「全車両チェーン装着規制」が布かれることもあるようです。

 よって「チェーン規制」は、スタッドレスタイヤ装着ならタイヤチェーンなしでOKの場合と、タイヤチェーン装着が必須の場合があるということです。スタッドレスタイヤを履いているからといって、すべての雪道に万全とは言えません。念の為、タイヤチェーンを携帯することをお忘れなく。

 さて、私もかつて新潟方面へスキーに出かけた際には、よくこの規制を受けました。今でこそ、関越トンネルはJASAAの「S」マークが貼付されたタイヤチェーンは、装着したまま走行可能となっていますが、昔はそんなのなかった。

 なので、当時スタッドレスタイヤを装着していない私は、群馬の赤城辺りから?「チェーン規制」によりタイヤチェーンを装着し走行。関越トンネル前では一旦外し、トンネルを出るとまた装着という具合でした。その都度チェックを受けねばならず、手間と渋滞で本当に大変でした。

 ただ、それにより安全を得ていたことは明らかなので、タイヤチェーンの偉大さは感じています。

 いずれにしても、冬の道はスタッドレスタイヤは当然ですが、タイヤチェーンも装備しておくことで安心・安全はずっと高まります。更には、スコップや滑り止め用の砂など、もしもの為に冬の緊急用品も備えておきたいものです。

タイヤ情報
  • タイヤ情報
  • タイヤに関する情報を幅広く独自の観点から伝えるブログ。
タイヤ動画
  • タイヤ動画.com
  • テキストでは感じることができない動画ならではの情報が満載!
関連サイト