グッドイヤー EfficientGrip Performance SUV

グッドイヤー EfficientGrip Performance SUV の特徴new

  • カテゴリー:SUV
  • サイズ:17~20インチ
  • 扁平率:65~40%
  • 発売:2018年2月
(2018.3更新)

タイヤ性能

/gy_egrip-per-suv1

 グッドイヤー「EfficientGrip Performance SUV(エフィシェントグリップ パフォーマンス エスユーブイ)」、略名が「E-Grip Performance SUV(イーグリップ パフォーマンス エスユーブイ)」です。従来品は「EfficientGrip SUV HP01」となり更なるパフォーマンスの向上を謳います。

 先行した「E-Grip SUV HP01」は都市型SUVに求められる、静粛性・低燃費性・操縦安定性・長持ち・ウェット性能など基本性能に拘る製品です。対して「E-Grip Performance SUV」はラグジュアリーオンロードSUVとして、その上位にポジショニングします。

 SUVの括りなら「E-Grip SUV HP01」はS/T(ストリート テレーン)とすれば理解しやすいかな。一方「E-Grip Performance SUV」はH/T、いずれもオンロード性能を重視するもH/Tはハイレベルなプレミアムを強調します。

 メーカー主張もこうなります。高品質な静粛性と乗り心地を実現。オンロードでのあらゆるドライビングコンディションにおいて、優雅で快適な走りを叶える。

 グッドイヤーのSUVカテゴリーは、WRANGLERが長くブランド展開を維持して来ました。しかし、2015年に投入された「E-Grip SUV HP01」によってオンロードはE-Gripがその役割を果たすことに。WRANGLERは縮小、というよりもオールラウンド、およびオフロードへの専用化へ徹します。

/gy_egrip-per-suv02

静粛性と乗り心地を強調

 ラグジュアリーの基本は快適性です。実現ではトレッドデザインによるノイズ抑制効果が大きいという。

 「E-Grip Performance SUV」は、ショルダーブロックのピッチ数を増やし路面への衝撃を緩和、ピッチノイズを低減します。また回転時の気柱共鳴音を軽減しパターンノイズの低減も果たします。

 更に新品時から摩耗状態までノイズレベルを持続。これ接地形状を最適化し接地圧を分散することで実現します。

 ベースコンパウンドには、振動を抑える ショック吸収クッションレイヤーコンパウンド を採用。路面からの振動を吸収し快適な乗り心地に貢献します。

向上効果

 「E-Grip SUV HP01」に対して静粛性に加えブレーキング、そしてハンドリングまでラグジュアリーとしてのアドバンテージを得ています。以下比較主張で主なものを添えておきます。

パターンノイズ(騒音エネルギー)〔指数〕 9%低減
ウェットブレーキ(ABS作動時)〔指数〕 15%向上
ドライブレーキ(ABS作動時)〔指数〕 9%向上

詳細情報・購入

グッドイヤー EfficientGrip Performance SUV のインプレッション募集中です