【東北地方】冬用タイヤ装着状況調査(第2弾) 2018

 NEXCO東日本東北支社の 冬用タイヤの装着状況調査 が今シーズンも開始、その第2弾が公表されました。11月12日に実施された結果は東北全体で30%の装着率です。前回の第1弾が17%でしたので比較すると進んでいます。

 NEXCO東日本東北支社では、平年だと今週から降雪の可能性が高くなる傾向にあるという。昨年の初雪は、青森市・盛岡市・秋田市・山形市が11月16日、仙台市・福島市が11月19日でした。

 従って早めの冬用タイヤへの交換と、高速道路を利用の際には安全ドライブで、とお願いしています。ただ、今年はここまでずっと暖かい日続きだし昨年並みのタイミングで降るかな‥

 まぁ、それでも備えることが大切かと。早めの交換を意識すれば慌て混乱することは避けられるでしょうからね。以下、調査箇所毎の数値を示します。

広告
336
広告
336