アジアンスタッドレス&ホイールセット

 スタッドレスの装着でもホイールには拘って欲しい。4 – 5ヶ月の装着期間があるのなら夏タイヤ同様に見た目と機能性双方を追求したい。まさかのスチールホイールではとっても寂しいです。

 ホイール素材はアルミ、スチール、マグネシウムなどそれぞれに特徴があります。アルミは軽量で剛性や放熱性が高く、また加工も容易な為に多彩なデサインのホイールを製造することが可能です。

 スチールはコストが抑えられ大量生産に適していています。ただアルミよりも放熱性や剛性が低く重量も重い。デザイン的にも限界があります。そしてマグネシウムは、3つの中で最も剛性があり重量が軽い。但し加工が難しく材料が高価でデザイン的な自由度も少ない。やはりここはアルミ素材が一般的になるでしょう。

 アルミの特徴である軽量化は バネ下重量 を軽減出来ます。バネ下とはホイールやタイヤ、ブレーキなどサスペンションよりも下についている部分です。この軽量化はバネ上に比較して6倍以上の効果があると言われます。

 ホイールの選択で重要なのはマッチングです。リム幅やオフセットなど適正サイズであることが重要です。しかし、これが分からないという人は多いはず。なら当初からタイヤとホイールのセット販売に注目してみては。

 オートウェイ の検索は、「車種」「タイヤサイズ」「ブランド」から選べます。取り敢えず車種名だけでも分かれば装着可能なセットへ到達できますので、一度試してみては。

アジアンスタッドレスタイヤホイールセット – オートウェイ

 実は当サイトでもホイール展開を掲載しています。ところが昨シーズンから停滞し進化見られず。これ如何でしょ! ということで、新たな動きを模索しています。課題はホイールの特性をどう伝えるか。現状は正直役立たず、一新するくらいの考えで望まないと魅力が上がらない。ガンバリマス!

広告
336
広告
336