カーメイト チェーン バイアスロン セルフィット 発表【新製品】

 2017年の東京モーターショーでお披露目されたカーメイトの非金属製チェーン「バイアスロン セルフィット」、被せてGO! をコンセプトに開発された新しい取り付け方法は、タイヤに被せて締め付けワイヤーを自動巻取りさせるだけ、を謳い注目しましたね。そして今シーズン、2018年11月上旬発売予定がアナウンスされました。当然ながらJASAA認定品です。

 画期的、と言えるのでは。強調するのは新たな装着方法である セルフフィット機構(特許登録済)です。チェーンを被せて セルフフィットリール のワイヤーを引き伸ばし巻き取り状態に。後方からトレッドを差し込み均等に被せます。車を移動(タイヤ半回転)させることで表裏一体のワイヤーが同時に巻き取られ、自動的にフィットする仕組みです。

 締め付けるハンドル等の工具不要、そしてタイヤ裏のフックを繋ぐ作業も不要で作業性が相当向上しているという。この装着方法とリールの巻き取り構造などで特許を登録しています。装着方法の詳しくは動画がアップされているので観ていただくと分かり易い。

【動画】カーメイト チェーン バイアスロン セルフィット 装着方法

 装着方法の簡素化が最大主張になるでしょうけど、実性能も相当進化しているよう。まずはアイスグリップの向上です。従来品「バイアスロン クイックイージー」に比較してスパイクピン数が1.5倍の164本に増加(サイズにより1.4倍の148本も)、これにより登坂性能が50%向上しています。

 乗り心地にも効果を示します。走行速度50km/hで振動が30%軽減。タイヤをフルカバーで覆うことからトレッドへの影響が軽減化した為かと。そして取り外しも簡単になっているでしょうね。

 カーメイトのチェーン、バイアスロンシリーズは非金属製で初めてジャッキアップ不要、車の移動不要の簡単取付を可能にしました。従来品「バイアスロン クイックイージー」は非金属製として国内販売数はトップ、シリーズ実売累計300万ペア以上の実績だという。

広告
336
広告
336