2018-2019年に向けたスタッドレスタイヤ新製品の考え方(2)

 8月に入りスタッドレスタイヤ関連の興味が上向きです。業界関係者の情報収集が進んで来たのでは。で、2018-2019年は昨シーズンの隆盛により比較的静かなシーズンになるのでは、が当初の見方ですけど実際どうよ? の2回目です。3回目はありません‥

 前回(7/18)伝えたのは、ファルケン「ESPIA W-ACE」とミシュラン「X-ICE3+」に22サイズを追加する、の2点です。そこから変化ありました。

 コンチネンタルは、2014年発売の「ContiVikingContact6」から新たな「VikingContact 7」へ進化します。またグッドイヤーは「ICE NAVI7」に2サイズを追加、更にSUVへ向けたオールシーズンとして「Assurance WeatherReady」を導入します。

 ということで、スタッドレスタイヤの新製品が2銘柄、サイズ追加が2銘柄、オールシーズンの新製品が1銘柄になります。ただ公にアナウンスがなくともサイズ追加は静かに行う、というメーカーもあります。従ってこれら以外の昨シーズン発売製品、ブリヂストン「BLIZZAK VRX2」、ヨコハマ「iceGUARD 6」、トーヨー「Winter TRANPATH TX」なども追加あるのでは。

 新製品の発売は9月1日からが多い。静かにシーズンインし10月から本格化します。当サイトもこれに沿うよう、8月中旬頃から新たなシーズンへ向け更新を開始します。

スタッドレスタイヤとは? 誕生の背景はこんな理由があった! そして近年、各メーカーが勢い激しく高性能を続々投入。これに対して高度化した基本性能を詳細に解説。なら旧モデルはもう魅力なし、いやそうでもない。などもっとよ~く知る為に、が満載。
2018-2019年のスタッドレスタイヤ製品動向はどうよ? 爆発した昨シーズンだし静かな展開になるのでは、が当初の予想。ところが蓋を開ければ例年並みの盛り上がり、いや昨シーズンから繋がっているしこれまでにない露出の多さとなるのは間違いない。
広告
336

シェアする

フォローする

広告
336