ミシュラン PRIMACY 4 発表【新製品】

 ミシュランのプレミアムコンフォート「PRIMACY 4(プライマシー 4)」がいよいよ登場。従来品は2013年発売の「PRIMACY 3」、そこから世代が進みプレミアムコンフォート第4世代として正当進化を果たします。

 「PRIMACY 3」のコンセプトは、静かでゆったりと高速での爽快感の双方に拘る人のニーズに応えること。アクティブコンフォートと呼ばれる次世代コンフォートを強調しました。

 対して「PRIMACY 4」は、PRIMARYシリーズが登場した2001年からプレミアムコンフォート第4世代に進化。求められる静粛性と省燃費性を確保した上で、履き始めから履き替え時までウェットブレーキ性能の向上を実現させた製品だという。

こちらは「PRIMACY 3」

 「PRIMACY 3」とのウェットブレーキング性能比較では履き始めで4.5%向上、履き替え時で13.3%向上を示します。また静粛性も6%向上を謳っており、プレミアムコンフォーとしてトータルパフォーマンスを追及しているのは間違いない。

 興味深いのはウェット性能に大きな影響力を与えるトレッドデザインながら、従来を踏襲しているイメージで大きな変更点は見えて来ません。元来評価の高い「PRIMACY 3」のそれを活かしつつ、新配合コンパウンド等の素材進化に傾倒した結果かと。

 欧州では既に先行発売されており、国内でも早期投入が望まれていました。一部で秋ごろでは、という声も聞かれたけれど、それほどタイムラグ無く投入されたのはいいことですね。

 なお発売サイズは、16 ~ 19インチの計36サイズ。低燃費タイヤとなり16サイズが転がり抵抗係数「AA」、19サイズがウェットグリップ性能「a」を実現します。発売日は2018年7月2日からです。

広告
336

シェアする

フォローする

広告
336