空気圧調整の正確性に新たな興味を見出した!

 昨日、給油とタイヤの空気圧点検を兼ねてGSへ。いつものセルフながら、このところガソリン価格急騰はかなりのもの。ここレギュラー142円/Lだったので安価な方、近隣のフルサービス店は149円/Lでした。

 ガソリン価格、6月下旬に開催されるOPEC総会が今後の動向を左右するという。一方で原油価格は下落し始めており今後は値下がりする、という見解も。いずれにしても本日石油情報センターから、6月11日時点での全国平均価格が発表されます。この結果で判断出来ますね。

 さて興味はガソリン価格じゃない、タイヤの空気圧点検です。普段は自前の安物エアーコンプレッサーで行っています。大体ならこれで十分だけれど、より厳密を求めるなら正直役不足です。

 そんな時はGSに置いてあるだるま型のエアーキャリーを利用します。前にも触れたけれど、正確性がかなり高いので満足を満たしてくれます。操作はプラス・マイナスボタンで、充填・入れ過ぎに対応します。アナログメーターだけど大きくて数値の確認もばっちりです。

 実は3週間前に自前のエアーコンプレッサーで調整、そこに今回0.5kPaを更に充填しようとしています。調整前に既存値をだるまのメーターで確認すると、4本ともなぜか約250kPa。前後で10kPa程差を付けていたはずが・・

 なら改めて調整しましょ。メーターを見ながらボタン操作はシンプル楽チンです。微妙な調整もこれで完了。あっという間に4本の調整が終了しました。

 更に喜ばしいのはGSを出た直後、全体のバランスが凄くいい。ハンドリングのニュートラルに違和感なし。スーと真っ直ぐ走るその様に、空気圧調整の厳密さを求めたことによる恩恵が感じられます。安全性に留まらず快適性、そして安定性への導きが可能だし是非定期的に行うべきです。

 ここからは興味、このだるまっていくら? 調べたら高い。幅があるけれど7万円~10万円、それ以上も。正確性を求めるにはやはりそれなりのお金が掛かるのね。買えないことが分かったので給油の時に都度借りることにします。

 ということで、安物のエアーコンプレッサーはタイヤ交換後などDIY作業時に活躍してもらい、日常の微調整・点検はだるまを借りて行うのがいいかな。月一点検に新たな興味を見出した気がします。

広告
336

シェアする

フォローする

広告
336