グッドイヤーを牽引するのは EfficientGripシリーズ

 最新グッドイヤーを牽引するのは「EfficientGrip(エフィシエントグリップ)」シリーズです。徐々に充足を果たし、現在は「E-Grip(いいグリップ)」の略称がアナウンスされています。フル名称は確かに長いですからね・・

 国内展開はまず2009年にエコ製品として「EfficientGrip」が登場、従来品は「Excellence(エクセレンス)」です。欧州グッドイヤー(グッドイヤー ルクセンブルグ テクニカルセンター)で開発され、欧州プレミアムカーへの新車装着を果たすなど北米のイメージを脱し欧州製を強調します。

 これに対して当時国内での反応はいまひとつ。押し出しも弱かった。それもあってか静かにフェードアウトになったのでは。ただメーカーの捉え方は前向きでした。

 2013年に「EfficientGrip SUV」を、2014年にはプレミアムコンフォート「EfficientGrip Performance」を投入、ここでシリーズの足掛かりとします。続けざまに2015年にスタンダード「EfficientGrip ECO EG01」、SUV「EfficientGrip SUV HP01」が登場。この充足でシリーズは一気にメインブランドへ昇格します。

 更に2018年、コンフォート「EfficientGrip Comfort」とSUV「EfficientGrip Performance SUV」が同時発売になりました。プレミアムからコンフォート、そしてSUVに至るまで新たな展開を実現したのです。

 これまで「EAGLE」シリーズ一辺倒だったブランド展開は、「EfficientGrip」シリーズを加えたことで製品主張、特にカテゴリーに対する拘り感が明確化しました。「EAGLE」シリーズは本来抱かれる走りに傾倒したイメージへ集中出来るかと。

 グッドイヤーの変革は徐々に感じるところです。2015年に住友ゴムとのアライアンス契約および合弁事業解消により、グッドイヤー100%出資の日本法人として日本グッドイヤーが復帰したことで当然ながら独自路線へ舵を切っています。

 「EfficientGrip」シリーズ強化はその表れ。新車装着・市販の両方でグローバル展開するその性格を色濃く示すのが狙いです。

 また国内市場から見ればミニバンへも投入を! となるのだけれどこれはどうよ? 正直難しい。グローバルでミニバンは商用バンのイメージが強い、ここに専用タイヤを投入しても市場は国内限定的で旨味が無い。「EfficientGrip」シリーズに限らずグッドイヤーそのものが、将来的な対応に不透明さを感じるところです。

広告
336

シェアする

フォローする

広告
336