懸念のパクリ対策、いくつか策を考え可能性を・・

 2018年の夏タイヤ、ようやく更新のアナウンスが完了し一息ついています。今回の作業はこれまでにない傾倒で集中を高めました。そして懸念のパクリ対策、いくつか策を考え可能性を探りましたが・・

 結局、一時の対策では他への悪影響(ユーザビリティが落ちる)が懸念されること判明。総合的に判断した結果、諦めることにしました。ただあまりに酷い、看過できないものには相応から警告を出すようにします。スタッドレスタイヤでは関連メディアにやられましたからね。

 ということで余計な作業も重なり更新の最終完了アナウンスは、例年に比較し1週間ほど遅れました。実はパクリ対策以外にもサイズ確認で相当難儀していたんです。

 サイズはメーカー設定に沿うよう作業を進めるも、一部で分かり難い表示にもう爆発しそうなほどのイライラに。基本はブリヂストンを参考にしています。他国内メーカーとグッドイヤーも多少の違いあるけれど近い表示で問題なし。

 対してフランスメーカーのはもう・・何とかして欲しい。続くのがドイツ、そしてイタリアです。ショウガナイのは分かるけれどある程度見易さを工夫して、と強く願う次第です。

 そんなもあったけれど、どうにかこうにか完了。ただ細かいところは作業が継続しています。更に新製品は掲載を果たしていないのがまだ複数あるし、正直100%ではありません。このあたり今後実現を果たしていく予定です。

 3月に入りインプレッションの投稿が増えて参りました。ありがとうございます。直接言葉で申し上げられないので、ここで改めて感謝の気持ちを伝えます。今後も是非宜しくお願します。m(_ _)m フー

広告
336
広告
336