アジアンタイヤWEBサイト 2018年シーズンへの更新完了!

 2018年に向けた アジアンタイヤWEBサイト の更新が完了しましたので一応アナウンスをしておきます。

 今回の注目、変わらず最大なのがNANKANGでしょう。充実度は随一です。復活掲載したROADSTONE、そして東京オートサロンで実質的お披露目になったNEUTONは新掲載の扱いかな。一方、NEXENは独自展開によりこれまでの オートウェイ による扱いは縮小しています。しかし、ここを埋めるのがHIFLY、ZEETEX、MOMO、RADAR、MINEVA、MAXTREKなど。更なる拡充が進みます。

 そして当サイトでは既にアジアンタイヤの括りで定着したNITTO、新シーズンへは一部整理が見られました。また方向性に対する拘りを4×4へ向けており、この展開に沿うかどうかはまだ検討中にしておきます。

 製品情報を掲載するページは大きく4つに区分けし充実を図ります。特徴では現状把握を強調、アジアンタイヤ比較はメーカー展開を、カテゴリーは新たにアジアンタイヤ性能比較のタイトルで括ります。更に製品一覧にも手を加えました。

 ということで、いろいろやってみました。充実度は確実に上がっているはずなので是非確認して欲しい。

アジアンタイヤの総合情報サイト! メーカーとカテゴリーの双方から性能比較を実現。注目の評価は投稿インプレッションとして製品詳細ページに掲載。最大のコンテンツボリュームを誇りオリジナリティの高さが魅力。
日本のタイヤ市場で既に一定層を獲得したアジアンタイヤ。近年の販売成長率では国内メーカーにとって脅威になるのか? その詳細に迫る。
アジアンタイヤをメーカー別に比較。台湾、インドネシア、韓国、中国など新興メーカーの最新製品展開を詳細に伝える。メーカー一覧の役割も果たす。
アジアンタイヤを特性によりスポーツからエコまでの7つのカテゴリーに区分け、愛車の性格に最適な製品の選択を可能にしてる。
NANKANG、ATR RADIAL、NEXEN、HIFLY、ZEETEX・・ メーカー別製品一覧は夏タイヤとスタッドレスを同一ページで掲載。性能比較とは異なる製品の掲載状況が確認可能。
広告
336

シェアする

フォローする

広告
336