東京オートサロン2018 トーヨーは本物の走りを支える世界観

 トーヨーブースは気合が入っていました。展示車両は6台、スペース確保だけでもタイヤ関連としては相当なものでは。コンセプトは、臨場感と躍動感ある空間によって、本物の走りを支えるトーヨーブランドの世界観 だという。今回の傾向にもなるアメリカンの世界が披露されました。

「PROXES R888R」

 目玉はやはり世界的なラリードライバー ケン・ブロック選手の来日とその走りでは。神業を披露して来たマシンの1台である、1965年型フォード「マスタング」をベースにした「Hoonicorn V2」を展示。1,400馬力をたたき出だすモンスターマシンは圧巻です。装着されるのは「PROXES R888R」。

 また世界で最も過酷なオフロードレースと称される BAJA1000 を制覇したマシン トヨタ「タンドラ」も展示されました。でがいボディーをフロント上がりで固定します。フロアーを覗き込む人が多かった。この展示ならどうしても見たくなりますよ。装着されるのは「OPEN COUNTRY MT-R」です。

OPEN COUNTRYシリーズ

 ピックアップトラック フォード「F-150」には「OPEN COUNTRY R/T」の大口径サイズを履かせます。展示スペースには国内未発売をも含むOPEN COUNTRYシリーズを一挙公開、やはり今シーズンはワイルドな4×4の世界がポイントになりそうです。

「PROXES Sport」

 プレミアムスポーツ「PROXES Sport」はBMW「M2」へ装着します。アメリカンの世界が物凄く派手なのでプレミアムスポーツが地味に見えてしまいます。

 それと写真を撮り忘れたけれど「PROXES Sport SUV」がありました。こちらも国内未発売ながら存在をアピールします。「PROXES T1 Sport SUV」と「PROXES CF2 SUV」もあったし、上で触れたワイルドな4×4にプラスしてSUVの主張も重ねます。

 これほど国内未発売製品を持ち込むからには狙いがあるでしょ。特にOPEN COUNTRYシリーズは先行する北米で相応の認知を得ています。国内でも遅ればせながら強化へ向かうのかな?

 ということでトーヨーの展開には敬服します。更に屋外でのドリフトパフォーマンがダメ押しです。丁度タイミングがよくケン・ブロック選手の走りを見ることが出来ました。但し、既に人垣が相当出来ており隙間から覗き込んだ、と言ったほうが正しい。それでも白煙とエンジン音によって雰囲気は十分です。マシンはフォード「フォーカス」だったような。ここのシーンは人の多さで写真が撮れません。残念!

ケン・ブロック選手のパフォーマンス-タイヤ動画

東京オートサロン2018 タイヤに傾倒したレポートを伝えます
 2018年1月12日~14日までの3日間で開催された東京オートサロン2018、私は例年通り中日の13日に行って来ました。ここ数年は・・
東京オートサロン2018 ブリヂストンはPOTENZAの世界を更に強調
 カスタムカーの祭典でブリヂストンが強調するのはやはりPOTENZAです。メインはリアルスポーツ「RE-71R」に熟成された「S00・・
東京オートサロン2018 ヨコハマはADVAN、そしてBluEarthも
 ヨコハマブースは基本ADVANです。「BluEarth-A」もあったけれど、やはりハイパフォーマンス・スポーツを強調したADVAN・・
東京オートサロン2018 ダンロップは既存ラインアップが整列
 ヨコハマの次に移動したのがダンロップ、そしたら丁度元F1ドライバーの中島悟氏がトークショーをしています。いろんなところに呼ばれてい・・
東京オートサロン2018 グッドイヤーはEfficientGripシリーズ
 全体的に薄暗い演出を好む中で、グッドイヤーブースは白を基調にしており明るい印象を持ちました。清潔感が漂い見やすい、しかも写真を撮る・・
東京オートサロン2018 ファルケンはブランドイメージを表現
 ファルケンブースはまた室屋選手の飛行機が目立っていました。今回のコンセプトは、 Avant-garde な活動を続けるファルケンの・・
東京オートサロン2018 NITTOはよりアメリカンを強調する
 NITTOは「TRAIL GRAPPLER(トレイル グラップラー)」と「INVO(インヴォ)」によってアメリカンを強調。大口径サ・・
東京オートサロン2018 オートウェイのメインはNEUTON
 アジアンタイヤを主とするオートウェイは2年連続の出展です。昨年2017年はNANKANG、ATR RADIAL、HIFLYの3ブラ・・
広告
336

シェアする

フォローする

広告
336