東京オートサロン2018 ファルケンはブランドイメージを表現

 ファルケンブースはまた室屋選手の飛行機が目立っていました。今回のコンセプトは、 Avant-garde な活動を続けるファルケンのブランドイメージを表現したという。Avant-garde ってなに? アバントガルデ・・ フランス語のアヴァンギャルドです。意味は前衛的、積極的に前へ出て一生懸命やる、そんなところかな。あっ、常識を破れ って添えられていた。

 室屋選手の飛行機はもう随分見たしいいかな。見回すと展示車両としてニュルブルクリンク24時間レースへ参戦した「BMW M6 GT3」がありました。ファルケンカラーって近くで見るとより渋い印象。迫力満点です。

「WILD PEAK M/T」

 また国内未発売のマッドテレーン「WILD PEAK M/T」を装着していたのは、フォード「F-150」でした。欧米での露出を強化するのがファルケンの使命です。その点ではアメリカンスタイルも想定しないといけません。

 それにしても全体的に、マッドテレーンタイヤを装着したアメリカンを訴えるブースが多い。プレミアムSUVばかりじゃなくてワイルドな4×4、今シーズンはこの点を少し気にかけないといけないのかもしれません。

「AZENIS FK510」シリーズ

 コンセプト云々はあるけれど今回メインは「AZENIS FK510」シリーズでしょ。新世代フラッグシップタイヤ「AZENIS FK510」、「AZENIS FK510 SUV」、「AZENIS FK510 RUNFLAT」の3製品を2018年2月から発売開始予定です。

 シリーズの性能特性は、非対称パターンの採用や最新のプロファイルにより高速操縦安定性能を実現していること。高速コーナーで高い負荷が掛かるOUT側のトレッドを高剛性化、円形に近いプロファイルでサイドウォールの柔軟性を高めつつ操縦安定性へ繋げます。

東京オートサロン2018 タイヤに傾倒したレポートを伝えます
 2018年1月12日~14日までの3日間で開催された東京オートサロン2018、私は例年通り中日の13日に行って来ました。ここ数年は・・
東京オートサロン2018 ブリヂストンはPOTENZAの世界を更に強調
 カスタムカーの祭典でブリヂストンが強調するのはやはりPOTENZAです。メインはリアルスポーツ「RE-71R」に熟成された「S00・・
東京オートサロン2018 ヨコハマはADVAN、そしてBluEarthも
 ヨコハマブースは基本ADVANです。「BluEarth-A」もあったけれど、やはりハイパフォーマンス・スポーツを強調したADVAN・・
東京オートサロン2018 ダンロップは既存ラインアップが整列
 ヨコハマの次に移動したのがダンロップ、そしたら丁度元F1ドライバーの中島悟氏がトークショーをしています。いろんなところに呼ばれてい・・
東京オートサロン2018 トーヨーは本物の走りを支える世界観
 トーヨーブースは気合が入っていました。展示車両は6台、スペース確保だけでもタイヤ関連としては相当なものでは。コンセプトは、臨場感と・・
東京オートサロン2018 グッドイヤーはEfficientGripシリーズ
 全体的に薄暗い演出を好む中で、グッドイヤーブースは白を基調にしており明るい印象を持ちました。清潔感が漂い見やすい、しかも写真を撮る・・
東京オートサロン2018 NITTOはよりアメリカンを強調する
 NITTOは「TRAIL GRAPPLER(トレイル グラップラー)」と「INVO(インヴォ)」によってアメリカンを強調。大口径サ・・
東京オートサロン2018 オートウェイのメインはNEUTON
 アジアンタイヤを主とするオートウェイは2年連続の出展です。昨年2017年はNANKANG、ATR RADIAL、HIFLYの3ブラ・・
広告
336

シェアする

フォローする

広告
336