東京オートサロン2018 NITTOはよりアメリカンを強調する

 NITTOは「TRAIL GRAPPLER(トレイル グラップラー)」と「INVO(インヴォ)」によってアメリカンを強調。大口径サイズを装着した車両はいかにもの雰囲気がプンプンします。やはりNITTOは北米向きね、を改めて感じさせるものとなりました。但し、昨年がかなりのボリューム感を演出していたのでそれを思い出すと少し寂しかったかな。

「TRAIL GRAPPLER」

 日本未発売のマッドテレーン「TRAIL GRAPPLER」は米国オフロードレース King of the Hummers に出場する車両(ジムニー)に装着。とにかくでがいし産業用タイヤのよう。日本未発売なのを持って来た、ということは今後へ向けてのアピール?

「INVO」

 また映画 ワイルドスピードにも登場する「ダッヂ チャレンジャー」には「INVO」が装着されていました。そのサイズはフロント285/35R19、リア345/30R19の驚く大きさです。サイドのホワイトレターは正直がさつであるけれど、これもアメリカンと割り切りましょう。

 製品展示は昨年から投入の「NT555 G2」、SUV用の「NT420S」、そしてオールテレーン「TERRA GRAPPLER(テラ グラップラー)」など一部に限定。ここに国内未発売が加わります。既存ラインアップは全9銘柄なので全て並べて欲しかった。

 他ブースの展示車両にもNITTOタイヤの装着が目立ちます。カスタムカーに対する姿勢はNITTOの基本だし、その基点となるこのブースでは多くの製品露出が必要でしょ、と考えれば全部展示してよ、なんですよね。難しいのかな?

東京オートサロン2018 タイヤに傾倒したレポートを伝えます
 2018年1月12日~14日までの3日間で開催された東京オートサロン2018、私は例年通り中日の13日に行って来ました。ここ数年は・・
東京オートサロン2018 ブリヂストンはPOTENZAの世界を更に強調
 カスタムカーの祭典でブリヂストンが強調するのはやはりPOTENZAです。メインはリアルスポーツ「RE-71R」に熟成された「S00・・
東京オートサロン2018 ヨコハマはADVAN、そしてBluEarthも
 ヨコハマブースは基本ADVANです。「BluEarth-A」もあったけれど、やはりハイパフォーマンス・スポーツを強調したADVAN・・
東京オートサロン2018 ダンロップは既存ラインアップが整列
 ヨコハマの次に移動したのがダンロップ、そしたら丁度元F1ドライバーの中島悟氏がトークショーをしています。いろんなところに呼ばれてい・・
東京オートサロン2018 トーヨーは本物の走りを支える世界観
 トーヨーブースは気合が入っていました。展示車両は6台、スペース確保だけでもタイヤ関連としては相当なものでは。コンセプトは、臨場感と・・
東京オートサロン2018 ファルケンはブランドイメージを表現
 ファルケンブースはまた室屋選手の飛行機が目立っていました。今回のコンセプトは、 Avant-garde な活動を続けるファルケンの・・
東京オートサロン2018 グッドイヤーはEfficientGripシリーズ
 全体的に薄暗い演出を好む中で、グッドイヤーブースは白を基調にしており明るい印象を持ちました。清潔感が漂い見やすい、しかも写真を撮る・・
東京オートサロン2018 オートウェイのメインはNEUTON
 アジアンタイヤを主とするオートウェイは2年連続の出展です。昨年2017年はNANKANG、ATR RADIAL、HIFLYの3ブラ・・
広告
336

シェアする

フォローする

広告
336