2017年12月および2017年(1~12月)新車販売ランキング

 毎月伝える新車販売ランキング、2017年12月、そして2017年の年間分が発表されました。自販連(日本自動車販売協会連合会)と全軽協(全国軽自動車協会連合会)が公表、それを併せ当サイトでは総合ランキングとしています。タイヤが目指す方向付けに新車販売動向は大きく影響します。従ってその時々のクルマ事情を把握することは重要です。

【12月トップ10ランキング】

1、ホンダ N-BOX(軽)18,458台
2、トヨタ プリウス 12,175台
3、トヨタ アクア 11,660台
4、ダイハツ ムーブ(軽)10,073台
5、日産 デイズ(軽)9,288台
6、スズキ スペーシア(軽)8,757台
7、ダイハツ タント(軽)8,741台
8、スズキ ワゴンR(軽)8,284台
9、トヨタ ヴォクシー 7,545台
10、日産 ノート 7,475台

【1~12月トップ10ランキング】

1、ホンダ N-BOX(軽)218,478台
2、トヨタ プリウス 160,912台
3、ダイハツ ムーブ(軽)141,373台
4、ダイハツ タント(軽)141,312台
5、日産 ノート 138,905台
6、日産 デイズ(軽)137,514台
7、トヨタ アクア 131,615台
8、トヨタ C-HR 117,299台
9、スズキ ワゴンR(軽)114,711台
10、スズキ スペーシア(軽)104,763台

 2017年の年間を通した1位も「N-BOX」になりました。2位は「プリウス」だけれどその差は57,000台以上で「N-BOX」の圧勝かと。逆に「プリウス」は4代目となり厳しくなりました。デザインの問題は大きいか。

 軽カーの健闘も目立ちます。トップ10中6車種が軽カーで占めています。近年の傾向だけれどこの動きまだ続きそう。軽カーへ流れる理由として価格があるのでは。全体的に上がっている印象が否めませんから。

広告
336

シェアする

フォローする

広告
336