カテゴリー主体を活かしつつメーカー別を採用するのはどうよ?

 いろんな役割を持たせている日記、思い付きで書くことも多のだけれど、それでもたまに読み返してみるといいじゃん! も結構あるんです。これを放置ではもったいない。集約しコネコネすればメインの新たなコンテンツとして可能性広がるかも。

 特にメーカー関連記事は興味深い。例えばブリヂストン、歴史からみる世界戦略と世界最大のタイヤメーカーとしての現状に触れています。更にPOTENZA、REGNO、ECOPIAそしてミニバンカテゴリーなど、製品変遷も詳しく結構なボリュームで書き上げています。時代における製品の特徴などを把握するにはいい資料だと思います。

 それにしても折角書いたのに、先を見据えた展開が出来ていないからこんな無駄が発生しているんです。その時々の思い付きはある意味私の専売特許、そこから有効的な展開へ繋げられるといいんですけどね。まぁ、でも素材が充実していることは悪いことじゃありません。

 で、ここから新たな思い付き策を示します。これまでのカテゴリー主体の展開を活かしつつ、メーカー別を全てに採用できないだろうか。現在、エコタイヤ性能比較表とスタッドレスタイヤ性能比較表で実現するあり方を全てに採用する訳です。

 まずはカテゴリーの特徴を解説する。次に今シーズンの全体的な製品状況に触れる。そこから各メーカーへ飛んで、メーカーでは個別に特徴を解説、最後は製品性能比較表でまとめる。これをスポーツからSUV、4×4タイヤまで全てに波及させます。

 更にメーカーの歴史や戦略もメインに昇格させ、そこから最後の製品性能比較表へ繋ぐ新たなルートも開設します。ちょっとこれいいかも! 実現可能か早速探りましょ。

ブリヂストンは世界最大のタイヤメーカー!
 タイヤビジネス誌が公表した2015年の世界タイヤ市場シェアは、1位ブリヂストン(15.0%)、2位ミシュラン(13.8%)、3位グッドイヤ・・
ブリヂストンの歴史からみる世界戦略
← ブリヂストンは世界最大のタイヤメーカー! から続く  ブリヂストンの歴史は1930年に前身である日本足袋タイヤ部から始まります。1・・
ファイアストンとブリヂストンの関係に触れてみる
 日本人として偉業を成し遂げたレーシングドライバー 佐藤琢磨選手、アメリカ伝統のカーレースであるインディ500の優勝はとてつもなく凄いことで・・
POTENZA の歴史は最新、最高の技術を注ぎ込むレーシング
 ブリヂストンのスポーツタイヤブランドは POTENZA です。ドライグリップの頂上戦争でも常に最新、最高の技術を注ぎ込む一貫したコンセプト・・
極上の静粛性と乗り心地 プレミアムコンフォート REGNO
 2015年にモデルチェンジした新たな REGNO、「REGNO GR-XI」と「REGNO GRVⅡ」をライアップし乗用車用、そしてミニバ・・
ECOPIA に対する変化 カテゴリー別ブランド展開が理想
 ECOPIA は、言わずと知れたブリヂストンの低燃費タイヤブランドです。市販に留まらず、新車装着にも冠され重要な役割を担います。名前の由来・・
ミニバンカテゴリーを強化するブリヂストンはこう進化した
 2014-2015年シーズンあたり、ブリヂストンのミニバンカテゴリー展開が迷走している、という不安を感じました。ラインアップの豊富さは認め・・
広告
336

シェアする

フォローする

広告
336