クルマの購入をずっと考えているも実現は遠のいて行く

 アジアンタイヤWEBで行っているリアルレポートが現在途切れています。新たなトライは難しい状況にあります。問題は愛車の老齢化、サスはギシギシで動かない。これでタイヤの感触を伝えることなど無理です。

 ならクルマ買えよ! なんですけど如何せん資金が・・ 11 – 12月のサイト状況を見据え判断しましょ、と先延ばし。しかし既にクリスマス、私にプレゼントは無いな。

 実現するかどうかは別として、クルマの購入を考えるのはとっても楽しい。当初はシビックどうよ? と興味を持ちました。でもね、結局パスだな。次いで検討したのがXV・スポーツ・G4のインプレッサ兄弟です。このクラスが私には丁度いい。しかも、安全性の高さは一級品です。

 XVならSUVとして専用タイヤの領域を拡大出来そう。時代はSUVだしマッチしているな。スポーツはこれまで通り走りの追求が可能。そしてG4はセダンとしてより広範囲の装着を実現します。

 で、諸々絞り込めばG4へ向かいます。セダンでも運動性を第一に考慮、更にコンフォートの可能性も含めます。スポーツでも大丈夫だけれどハッチバックはやや苦手。XVの新たなトライは面白いけれど、迷いやっぱりセダンかな。2台持ちなら実現しそうです。

 ということで、G4がいいね。グレードは2.0i-LのAWD、理由はタイヤです。205/50R17が標準サイズ。その上の2.0i-Sになると225/40R18になる。タイヤレポート用だけなら40扁平がいい。しかし日常の移動手段を兼ねるし快適性の要求には50扁平がベストです。タイヤ代も安くなりますしね。

 そうそう一応軽カーも検討しました。驚くのはその価格です。売れているN-BOXの上級グレードは200万円超え。まぁ、ファーストカーとして考えると逆に安いのかな。でもね、タイヤはある程度絞り込まれるし、何よりレポートがかなり地味になりそうで却下。

 ここまで考えました。が、実現は日を追う度に遠のいて行きます。愛車の車検は2018年3月だし納車等考えたらもう難しいかな。それでも何か変化を持たせないとこの先が見えて来ないだろうし、さてどうしよう?

広告
336

シェアする

フォローする

広告
336