ファルケン AZENIS FK510シリーズ3製品を発表【新製品】

 ファルケンの住友ゴムでは、新世代フラッグシップタイヤ「AZENIS FK510(アゼニス エフケー510)」、「AZENIS FK510 SUV(アゼニス エフケー510 エスユーブイ)」、「AZENIS FK510 RUNFLAT(アゼニス エフケー510 ランフラット)」の3製品を、2018年2月から順次発売するという。発売サイズは3製品で74サイズです。

 先の東京モーターショー2017に参考出品されており、洗練されたパターンが際立ちます。先行販売される欧州、ドイツの自動車専門誌 AUTO BILD誌が実施したタイヤテストでは総合2位を獲得するなど高い評価を得ているよう。

 シリーズの性能特性は、非対称パターンの採用や最新のプロファイルにより高速操縦安定性能を実現していること。高速コーナーで高い負荷が掛かるOUT側のトレッドを高剛性化、円形に近いプロファイルでサイドウォールの柔軟性を高めつつ操縦安定性へ繋げます。

 ウェット性能も排水性の高いパターンを採用。広くて深い主溝と水膜を効果的に除去するブレードサイプによって強力な排水性を発揮し、優れた耐ハイドロプレーニング性能を実現させています。

 カテゴリー配置はフラッグシップとして「AZENIS FK510」がプレミアムスポーツ、「AZENIS FK510 SUV」はSUV、従来品はそれぞれ「AZENIS FK453」と「AZENIS FK453CC」です。ランフラットの「AZENIS FK510 RUNFLAT」は「AZENIS FK453 RUNFLAT」の後継、超高精度な製造技術である NEO-T01 という次世代新工法が採用されています。

 シリーズメインは「AZENIS FK510」になりますね。サーキットから街中まで現代のハイパフォーマンスカーの足元を支える力強さを強調します。その通りでサイズは17インチから21インチまで、特に19と20インチに幅がありプレミアム・ハイパフォーマンスカーのフォローも狙います。

広告
336

シェアする

フォローする

広告
336