ミニバンにもPOTENZA! Adrenalin RE003 を「セレナ」が採用

 このところ新車装着タイヤについては興味を失っていたので休止中でした。でも今回、日産「セレナ」のNISMOモデル「セレナ NISMO」が、ブリヂストンのスポーツタイヤ「POTENZA Adrenalin RE003」を新車装着として採用したというので触れましょう。

 「セレナ NISMO」のベースは「セレナ ハイウェイスター G」、タイヤサイズは標準の 195/60R16 に対して 205/50R17 の扁平サイズ・インチアップを図ります。サスペンションは専用化、ボディ要所にも補強を施しており、ミニバン特有の高重心、高重量によるふらつきを抑制するのが狙いです。

 「Adrenalin RE003」の採用は、グリップ性能とふらつき抑制に効果を求めている為だという。ハンドリングも応答性に対する拘りを示します。ミニバン専用タイヤが認知される中でスポーツ系の採用には驚くけれど、NISMOらしい走りを実現するのに目が向けられたのでは。

 「Adrenalin RE003」そのものもスポーツカーのみならず、セダンやミニバンなどスポーツ志向の高いユーザーへも訴えています。その点から期待は十分、というところかな。但し、市販のそれと全く同じかは不明、ここは新車層装着のグレーな部分です。製品名が同じでも微妙に専用性を持たせること珍しいことではありませんから。

 いずれにしても「セレナ NISMO」によるタイヤ選択は興味深いものです。でも個人的にはカテゴリーを優先的に受け入れたい。一般的なミニバンに対する装着はやはりミニバンタイヤへ求めるべきかと。

 それと車種としてのスポーツミニバンがあまり得意ではありません。スポーツはスポーツカーへ、ミニバンへは居住性や快適性を求めたい。好みの問題なのでショウガナイ。

ターゲットは従来を踏襲、スポーツカーのみならず、セダンやミニバンなどのスポーツ志向の高いユーザーへのニーズにも対応。モータースポーツ用タイヤ開発で培った高いブロック剛性と排水性の両立を図った新パタンを採用している。
広告
336

シェアする

フォローする

広告
336