OVATIO スタッドレスに続き夏タイヤもフェードアウト

 昨年の今頃でした。OVATION の製品が国内導入を果たしている、と伝えました。夏タイヤ「VI-388」と「VI-682」の2つ、更にはスタッドレス「W586」も。いずれも米ユニコーン社 を経由して オートウェイ が導入した製品です。

 その後、当サイトでも専用ページを構築し製品掲載を果たします。そして1年経過、スタッドレスは更新時に在庫無しを確認しフェードアウト対応を取りました。更に夏タイヤも同様の動きです。従って残念だけれど専用ページを含めメインリンクから削除します。

 OVATION が狙ったのは HIFLY の位置付けでは。しかしながら、受け入れは必ずしも満足のいくものではなかったのかな。1年足らずでフェードアウトはとっても残念ですがショウガナイ。

 このところ、アジアンタイヤの位置付けが微妙な動きになっています。数年前の勢いは薄れ、淘汰が進んでいるように感じます。安価であることは魅力だけれど、それだけではもう注目を得るのが難しい。

 価格にプラスされた価値を見出すことが出来ないと、今後は更に厳しい状況が進むのかな。その点では超ハイグリップに傾倒する製品群への注目は一向に衰えません。

 ということで、これまでの価格一辺倒からの脱却を異なる視点から見出すことが必要でしょう。重要なポイントになると思います。

広告
336
広告
336