アジアンスタッドレスタイヤがランキングで2位まで到達

 アジアンスタッドレスタイヤ比較 が最新のランキングで2位まで到達、間もなくトップになるのでは。銘柄別ではNANKANG「ESSN-1」とKENDA「ICETEC NEO KR36」がそれぞれ7、8位まで上がっているし更に期待出来ます。

 新シーズンは既説の2製品が最大注目になるのは間違いない。読めないのがその次です。ラインアップ全体は縮小し絞り込まれた印象を強めています。本来なら NEXEN へ期待するけれど、どうも動きが芳しくありません。当サイトの傾向ですがね。

 Hankook と KUMHO はどうよ? Hankook は Winter i*ceptシリーズ、KUHMO は WINTERCRAFTシリーズの最新を双方とも展開します。当然アジアンタイヤ1st.グループとしての知名度があるし注目されるはず。1st.グループはアジアンタイヤメジャーでもありますからね。

 ということで、いろんな意味で変化があるかも、のスタッドレスタイヤですので本格化する今後更に期待しましょう。

アジアンスタッドレスの魅力は何処なのか、詳細に探る! 最新は日本の雪質を理解すべく北海道を拠点に開発テストを実行、雪国の日常使用を想定したヘビーユーザーから、都会派ユーザーまで幅広く対応、日本専用設計を謳うなど製品レベルの向上を果たす。
広告
336

シェアする

フォローする

広告
336