2017-2018年 最新アジアンスタッドレスタイヤ比較 完了【更新】

 一応、2017-2018年 最新アジアンスタッドレスタイヤ比較 の更新完了を伝えます。厳密には一部で未対応が残ります。新導入など話題あるもののサイズ導入状況が最小などいま少し状況判断が必要、と考えた製品です。注視しながら考えます。

 で、新シーズンは昨シーズン実現した最大ボリュームから、残念ながらトーンダウンとなりました。要因は色々、前向きに示せば製品集中が進んだ。後ろ向きには製品淘汰の結果かと。

 前年踏襲を図りながらも確実に拡大へ向かって来たアジアンスタッドレスタイヤ、しかし性能面での見極めも進み今後の展開には難しさも感じれます。

 そんな中で注目するのが、NANKANG「ESSN-1」とKENDA「ICETEC NEO KR36」です。また ハンコック や クムホ へはどれほど目を向けられるのか、興味はこのあたりになってくるかと。いずれにしても展開は興味深いものがあります。詳しくは アジアンスタッドレスタイヤ比較 で確認して欲しい。

アジアンスタッドレスの魅力は何処なのか、詳細に探る! 最新は日本の雪質を理解すべく北海道を拠点に開発テストを実行、雪国の日常使用を想定したヘビーユーザーから、都会派ユーザーまで幅広く対応、日本専用設計を謳うなど製品レベルの向上を果たす。
広告
336

シェアする

フォローする

広告
336