2017年7月新車販売ランキング ホンダ「N-BOX」が絶好調

 忘れていたので今頃ですが伝えます。2017年7月の新車販売ランキングが発表されました。自販連(日本自動車販売協会連合会)と全軽協(全国軽自動車協会連合会)が公表、それを併せ当サイトでは総合ランキングとしています。タイヤが目指す方向付けに新車販売動向は大きく影響します。従ってその時々のクルマ事情を把握することは重要です。

【7月トップ10ランキング】

1、ホンダ N-BOX(軽)14,503台
2、日産 ノート 12,431台
3、日産 デイズ(軽)12,137台
4、トヨタ プリウス 12,057台
5、トヨタ アクア 12,005台
6、ホンダ フィット 11,908台
7、ダイハツ タント(軽)11,710台
8、ダイハツ ミラ(軽)11,670台
9、スズキ ワゴンR(軽)10,609台
10、ダイハツ ムーブ(軽)9,735台

 ホンダ「N-BOX」が好調を維持、軽カーは全体で6車種がランクインし多数が際立ちます。そんな中、秋口からは個人的に注目した「シビック」の発売が開始です。予約は好調と伝えられるけれど果たしてどうなんでしょうね。「カムリ」を含めセダンタイプの動向が実は最も気になります。

広告
336

シェアする

フォローする

広告
336