スタッドレス、新たなシーズンへの取り組みは楽しい!

 アジアンタイヤもそろそろスタッドレスかな。本日、久しぶりにインプレッションの投稿をいただいたけれど、スタッドレスATR SPORT「Winter 101」でした。新たなシーズンへ向けてもう始まっている。

 当サイトの特徴にしているけれど、アジアンスタッドレスのメーカー展開は超豊富です。メジャーを超え、その数昨シーズンは14にも及びます。スタッドレスのみ掲載するのも多く正直夏タイヤ以上の充実です。

 この動きはメーカーの流れに沿ったものです。国内市場における期待値が一斉に強化へと向かいました。これが数年前。しかし昨シーズンあたりから少しトーンダウンにあるような。一時作られた国内向けの公式スタッドレス専用サイトも更新されず、放置というのが残念です。

 また一緒くたにする中で性能差大きいのが気になります。メジャーにも近付くHankook(ハンコック)と中国製造のPBを単純に比較していいものか、悩むところです。それでも数の多さは選択肢、という点で魅力にはなっているはず。

 実は例年悩むところなんです。その為に 性能比較表 をメーカー別に専用ページを構築しました。ここをいま少し工夫し特性として示しましょ、が2017-2018年シーズン最大の取り組みになりますね。

 お盆休みが明けたタイミングからもう具体的な作業に向かいます。従ってメジャーも含めスタッドレスの構成で実はいま頭が一杯です。といいつつも、やはり新たなシーズンへの取り組みは楽しい。期待を込めて望みます!

アジアンスタッドレスの魅力は何処なのか、詳細に探る! 最新は日本の雪質を理解すべく北海道を拠点に開発テストを実行、雪国の日常使用を想定したヘビーユーザーから、都会派ユーザーまで幅広く対応、日本専用設計を謳うなど製品レベルの向上を果たす。
広告
336

シェアする

フォローする

広告
336