スタッドレスの新製品に対する考え方はこうです!

 7月上旬のタイミングでスタッドレスの新製品、グッドイヤー「ICE NAVI 7」とミシュラン「X-ICE3+」の2つがアナウンスされたのは驚いた。7月アナウンスは特段早い訳ではないけれど、双方とも新製品への期待が無かったんです。

 ミシュランへはある意味諦めかな。現行「X-ICE XI3」は2012年発売です。同時期に発売されたヨコハマ、そしてダンロップはそれぞれ2015年、2016年に進化を果たすもミシュランは相変わらず動き無し。ここで期待が薄れました。

 一方グッドイヤーは従来品「ICE NAVI 6」が2013年発売なのである意味適正進化かと。しかし、注目度の点で意識を高めていませんでした。不意打ちを食らった、ということかな。

 いずれにしても新製品効果は大きい。スタッドレスへの注目はこれからだけれど、この2つだけでも新シーズンは盛り上がりそうです。折角なのでその他の予想を膨らませておきたいと思います。

 ブリヂストン「BLIZZAK VRX」は2013年発売なので今シーズンあるかも。またトーヨーのミニバン用「Winter TRANPATH MK4α」も何からの動きを期待したい。2011年発売で既に魅力が薄れています。

 先の2つにこの2つが加わるようなら最強のシーズンになるのは間違いないでしょう。そうあって欲しい、かな。

広告
336
広告
336