2017年6月新車販売ランキング 「プリウス」が「N-BOX」抑える

 2017年6月の新車販売ランキングが発表されました。自販連(日本自動車販売協会連合会)と全軽協(全国軽自動車協会連合会)が公表、それを併せ当サイトでは総合ランキングとしています。タイヤが目指す方向付けに新車販売動向は大きく影響します。従ってその時々のクルマ事情を把握することは重要です。

【6月トップ10ランキング】

1、トヨタ プリウス 17,946台
2、ホンダ N-BOX(軽)17,654台
3、トヨタ C-HR 14,318台
4、ダイハツ ミラ(軽)12,475台
5、トヨタ ヴィッツ 11,743台
6、ダイハツ ムーブ(軽)11,699台
7、日産 ノート 11,601台
8、トヨタ アクア 11,453台
9、ダイハツ タント(軽)11,342台
10、日産 デイズ(軽)10,937台

 前回5月はトヨタ「プリウス」がトップに返り咲。そして6月は僅差ながらも維持、続くのはホンダ「N-BOX」です。双方依然として好調、と言っていいのでしょうね。なお示していないけれど1-6月の上半期は「N-BOX」が「プリウス」を上回りトップになりました。

 ランキングからは市場ニーズがかなり絞り込まれている印象、その中でコンパクトSUVのトヨタ「C-HR」は目立ちます。トップ10ランキングで3位は大したものでは。ただ乗ったことが無く見た目だけながら、居住性結構厳しいのかな。

広告
336

シェアする

フォローする

広告
336