アジアンタイヤの比較は2つの観点から見出します

 アジアンタイヤを比較する専用ページの構築は、現在 アジアンタイヤ比較(メーカー展開)と アジアンタイヤ性能比較表(カテゴリー展開)の2つの観点から実現しています。

 アジアンタイヤ比較(メーカー展開)として括ったページには、NANKANG、ATR RADIAL,NEXEN・・など13に及ぶメーカーを掲載しています。リスト化し特徴を記載、そこから各メーカー専用ページへ繋ぎます。

アジアンタイヤをメーカー別に比較。台湾、インドネシア、韓国、中国など新興メーカーの最新製品展開を詳細に伝える。メーカー一覧の役割も果たす。

 そしてアジアンタイヤ性能比較表(カテゴリー展開)は、スポーツからSUVまで7つのカテゴリーを一覧表示。そこにはカテゴリー性能を最大限発揮出来る製品をピックアップし特徴を見出します。

アジアンタイヤを特性によりスポーツからエコまでの7つのカテゴリーに区分け、愛車の性格に最適な製品の選択を可能にしてる。

 実はこの2つを整えるには相応の期間を有しています。なぜならメーカー展開は製品一覧ページとの重複が明らか。これをどう異なるものとして示そうか、随分悩みました。そこでメーカー展開は沿革等にも触れ、アジアンタイヤは大丈夫? という疑念にもこちらから理解を深めてもらうのがいいかな、という考えでまとめています。

 これで性能比較コンテンツが2つに大別され、束ね難かったコンテンツの一本化、そうそれぞれの入り口が出来た訳です。

 その都度の思い付きもあってWEBサイトの構成が複雑化しています。どこかで修正(まとめる)が必要になるのはショウガナイ。当初からの設計云々もあるけれど、ここまでの拡大は想像出来ませんでしたから。今後はまとめる作業もいいけれど、別館でも作ろうかと思います。

広告
336

シェアする

フォローする

広告
336