性能比較表 とは異なる カテゴリー の特性を更新!

 タイヤWEBのコンテンツには、カテゴリー性能比較表 と カテゴリー が存在します。そこにポジショニングされる製品展開を主とした性能比較表に対して、主な特徴を解説するのがカテゴリーです。

 ところが進化の過程で性能比較表に対しても同様の特徴を取り入れたのがまずかった。結果、双方で重視しボリュームで劣るカテゴリーの魅力が下がるばかりです。これだめでしょ! と修正を始めたのが昨シーズンから。今シーズンへ向けても更に取り組みを強化しました。

 成果は少しずつ出ているものの納得レベルには到達していません。そこで今回また更新を実行、タイトルも変更しカテゴリーニュアンスを強く感じさせるようなものにしました。ということで、まずはカテゴリーから、そして性能比較表へ飛んでもらうとより製品理解が高まります。是非どうぞ。

スポーツカーの装着タイヤは、グリップ重視のスポーツタイヤが定番。現在でもその特性はドライグリップに印象付けられているも、車種構成からスポーツカテゴリーの傾向は変化している。
程よい乗り心地と静粛性を発揮、しかも力強い走りを印象付けることで高性能としてのポジションを得ている。しかし、バランス均衡が取れた完全両立は難しい。その為にどちらかへ少なからず傾倒。
プレミアムコンフォートは更なる質の向上に拘り、しかも運動性能と剛性、そして寿命などトータル性能の高レベル化を訴える。正に極上を実現する。
低燃費タイヤの出現により、メインターゲットになるコンフォートの隆盛が際立つ。特徴のひとつである低燃費性能追求がカテゴリー特性とマッチし、またトータル性能向上、という点でも受け入れられる。
アメリカの巨大なバンと比べたときのミニが一般的な名称由来、しかもファミリーユースからプレミアムでは豪華さを訴えバンとはかけ離れた魅力。これに装着する専用タイヤ。
スタンダードは元々コンフォートに次いでエコタイヤの出現が盛んなカテゴリー。低燃費タイヤの隆盛でもその位置付けは変わっていない。
SUV低燃費タイヤが出現。スポーツ同様に足枷が多いSUVでは、低燃費タイヤに消極的なイメージ。しかし、世代が進み技術レベルの向上で実現が果たされる。
需要が限られる M/T よりも A/T への可能性を探ることでカテゴリーの主張が随分響ている。オンとオフを取り入れ、実用性の高さを特徴に街中での快適性も主張する。
タイヤのエコとは、エコノミーとエコロジーの両立、エコ=低燃費、だけではない! エコタイヤから低燃費タイヤが出現するもそこには線引きをしておきたい。
広告
336

シェアする

フォローする

広告
336