2017年5月新車販売ランキング 軽カーの勢いが復活!

 2017年5月の新車販売ランキングが発表されました。自販連(日本自動車販売協会連合会)と全軽協(全国軽自動車協会連合会)が公表、それを併せ当サイトでは総合ランキングとしています。タイヤが目指す方向付けに新車販売動向は大きく影響します。従ってその時々のクルマ事情を把握することは重要です。

【5月トップ10ランキング】

1、トヨタ プリウス 15,092台
2、ホンダ N-BOX(軽)13,118台
3、トヨタ C-HR 12,872台
4、ダイハツ ミラ(軽)10,562台
5、ダイハツ ムーブ(軽)10,448台
6、日産 デイズ(軽)10,198台
7、日産 ノート 9,992台
8、ダイハツ タント(軽)9,868台
9、スズキ ワゴンR(軽)8,807台
10、ホンダ フリード 8,626台

 トヨタ「プリウス」がトップに戻ったことより、それ以上に軽カーの動きについて触れるべきでしょうね。トップ10内で6車種がランクイン、11位以降も勢いのあるランキングになっています。

 ホンダ「N-BOX」の軽カー1位はずぅぅっと、更に今回ダイハツの3車種がランクインしているのは凄い。いずれもスタイルは同じようにしか見えないけれど、差別化が響いている、ということなんでしょう。新たなクルマを欲しており、これを見ると軽カーにするしかないかなぁ・・

広告
336

シェアする

フォローする

広告
336