東京モーターショー2017 タイヤ関係は国内メーカー中心

 2017年10月27日 ~ 11月5日まで開催される 第45回東京モーターショー2017 の出展者リストが発表になりました。クルマメーカーは国内とドイツが中心、ボルボもあったかな。一方アメリカ無し、イタリア無しは国内市場への見方そのものかと。

 注目するのはタイヤメーカーです。ブリヂストン、ヨコハマ、住友ゴム、トーヨー、日本グッドイヤーを確認するも、ミシュラン無し、ピレリ無し、アジアンメーカー無しですか・・ 2017年5月22日現在のリストなので今後増えますかね?

 会場は2011年にそれまでの千葉 幕張メッセから東京ビッグサイトに移っています。理由は確か海外メーカーを誘致する為のはず。幕張は都心から距離がありマイナスと考えられたんです。

 因みに東京ビッグサイトに移ってからの入場者数は、前回2015年が812,500名でした。2013年902,800名、2011年842,600名。過去最大だったのが1991年の2,018,500名、出展者数も336と前回の約2倍です。開催期間が15日間と4日長かったけれど凄い時代がありました。

 一概に比較するのはどうかと思うけれど、幕張で毎年開催され期間が3日間の東京オートサロンは、2017年が324,400名でした。2016年325,501名、2015年309,649名。

 いずれにしてもタイヤメーカーの出展は、部品関連として既に定着しています。新製品、そしてテーマ毎の内容はかなり興味深い。そこで今回行きますよ! 入場料は1,800円、(前売1,600円、日曜除く16時以降(当日会場売)900円)。オートサロンより少し高いのね。

広告
336
広告
336