タイヤサイトは11年目、新たな取り組みは更なる独自性の向上!

 2006年に開設した当サイト、タイヤサイトとして大きくは2つ(タイヤWEBサイト・アジアンタイヤWEBサイト)のコンテンツを構築し、2016年に10年目を迎えました。そして11年目の今年は更なる独自性の向上を掲げます。その訳は誰にも真似が出来ないレベルに引き上げたいから。

 10年を超えたことは私自身も驚きです。タイヤは大きな変革を果たしています。更には止まらないネットの進化に今でも戸惑うことばかりです。過去の知識は直ぐに廃れ、しかし付いて行かないといけません。

 特別な地位を得て始めた訳じゃないんです。色々あって悩み考えた末に、クルマ好き、そしてタイヤに少しばかり精通した経験を活かせないだろうか、の結果です。ネットでの取り組みは当然ゼロからのスタートです。

 やる気だけでしたね。金無し、伝無しだし、半端な知識を引き上げるのには努力だけ。これが全く苦痛じゃなかった。新たな世界に踏み出したワクワク感が勝っていたんです。全てを自身で作り上げる、ここに浸っていたのかも。

 ただ現実は厳しい。金が無いし女房に罵倒される日々。これに耐えたのが最大でしょう。今ようやく食えるようになったけれど、それでも女房の不機嫌だけは変わらない。

 そして今、独自性の向上を掲げるには理由があります。タイヤに関する情報サイトがここ数年で増加しています。それを否定するつもりはないけれど、明らかに当サイトの真似であったり、トンチンカンで酷いのがあるんです。

 真似ることで継続が図れるとは思わないし一時だけでしょ。ずぅぅぅっと見続けてもらうには情報を出し続けること。しかも独自性が必要では。ここを強調したいんです。

 先日、当サイトを活用している、という方からある提案をいただきました。早速可能性を探るも結構ハードルが高くって・・ でも実現したら独自性の高いコンテンツになることは明らかです。コンテンツの評価も得られます。従って何とかしたい。

 ということで、GWでメーカーも休みだし広く可能性を探るにはいいタイミングです。

広告
336
広告
336