ストリートスポーツはセダンやミニバンユーザーへも(スポーツの細分化)

 スポーツカテゴリーの細分化にストリートスポーツという括りを設定、ターゲットはスポーツカーのみならず、セダンやミニバンなどでもスポーツ志向の高いユーザーへ向けられます。

 ストリートと近い位置には既にスポーツコンフォートが存在します。スポーツとコンフォートの両立により、街中での快適性と走りにも長けた特性が評価されています。ならこれとの差別化はどうよ?

 正直距離間は微妙。それを踏まえ敢えて差別化を図る必要がありますね。とすればひとつはスポーツブランドの踏襲かと。例えばブリヂストンならPOTENZA、ヨコハマならADVAN、ダンロップはDIREZZAなど。

 またストリートは、スポーツコンフォートに対して快適性への期待値が異なります。更にスポーツへ飛んでいるイメージなので快適性は遠い。従ってターゲットのひとつになるミニバンでも、剛性面でのアドバンテージを得てふらつきや偏摩耗などの抑制を図り、より安定しキビキビした走りが期待されます。しかし、同時に快適な乗り心地はやや遠のくかな。

 というプラスとマイナスが想定される中でも、街中での安定的な走りによる扱い易さを最大限提供するのが最大主張点になるのでは。ラインアップは具体的にこうなります。

ブリヂストン POTENZA Adrenalin RE003
ヨコハマ ADVAN FLEVA V701
ダンロップ DIREZZA DZ102
グッドイヤー EAGLE REVSPEC RS-02
ミシュラン PILOT SPORT 4
ミシュラン Pilot Sport 3
ピレリ DRAGON SPORT
コンチネンタル ContiSportContact 5

 今回の構築では、スポーツコンフォートカテゴリーにおけるスポーツベースの製品をスポーツカテゴリー(ストリート)へ押し上げました。スポーツコンフォートは新たにコンフォートベースの特性を追求します。コンフォートにおけるキビキビした走り、レスポンスの良さへ目を向け半端さの懸念は解消です。

 ということで、従来からカテゴリーを横断していた製品を詳細化に乗じてストリートへ括り、新たなスポーツカテゴリーの一翼を担います。

広告
336
広告
336