スポーツの細分化をシミュレーション – ピュアスポーツ

 スポーツタイヤの細分化に関してまだ決めかねています。結論は先送りし、ここでは細分化した場合の方向性についてシミュレーションしてみます。

 方向性はサーキットとストリート、そしてプレミアムの3つです。サーキットとはドライグリップの高さを誇るピュアスポーツをイメージします。対してストリートはスポーツカーのみならず、セダンやミニバンなどでもスポーツ志向の高いユーザーへ訴えるストリートスポーツです。そしてプレミアムはスーパーカーにも対応する絶対的なバランス性能を誇るプレミアムスポーツです。

 ピュアスポーツはまず言葉の意味を理解しないと。ピュア = 純粋、スポーツ = 運動性能に長けた、となるので、純粋に運動性能を高めることを狙ったタイヤ、としていいかな。しかしこの純粋な、にはレース用タイヤは含みません。またSタイヤやトヨタ GAZOO Racing 86/BRZ Raceなどレース参戦を想定した製品も同様です。

 ラインアップから具体的に括るとこうなります。

ブリヂストン POTENZA RE-71R
ヨコハマ ADVAN NEOVA AD08R
ダンロップ DIREZZA ZⅢ
トーヨー PROXES R1R
ファルケン AZENIS RT615K+
グッドイヤー EAGLE RS Sport S-SPEC

 悩むのはミシュラン、ピレリ、コンチネンタル。スポーツタイヤに対する高度な技術と性能実現はいずれも認めるところ。しかし、ピュアスポーツになるとこれが悩んでしまいます。

 例えばミシュラン、「PILOT SPORT 4」や「PILOT SPORT 3」はストリートに近いイメージです。また「Pilot Super Sport」や新たな「PILOT SPORT 4S」は明らかにプレミアムスポーツですね。

 というように、展開が必ずしも3方向に等しく配置される訳ではありません。国内市場を鑑みるとブリヂストン、ヨコハマ、ダンロップのあり方に沿うべきでしょうし、でも全体ではかならずしもその3つに収まらないことがあるんです。ビシッと割り切るべきか、これが課題です。

スポーツの細分化をシミュレーション - ストリートスポーツ
 スポーツカテゴリーの細分化をシミュレーション、3回目はストリートです。ストリートスポーツタイヤという括りを想定、ターゲットはスポー・・
スポーツの細分化をシミュレーション - プレミアムスポーツ
 スポーツタイヤの細分化、今回はプレミアムスポーツに関してシミュレーションしてみます。  ベースがスポーツであることを考えると・・
国内3メーカー(ブリヂストン、ヨコハマ、ダンロップ)にプラスしてグッドイヤーが投入するスポーツタイヤは、フラッグシップにもなる圧倒的な性能を搭載。最大特徴、そう主張点はドライグリップ。ミシュラン、ピレリはこれまで通りの自己主張を継続、築き上げたブランドイメージを踏襲する。
広告
336

シェアする

フォローする

広告
336