激変する天候に対応するオールシーズンタイヤはどうだろう?

 昨日は寒かった。山間部などでは積雪になったところがあるようです。夏タイヤへ交換してしまった! と悔いている人もいるか。近年爆変する天候に交換のタイミングが非常に難しくなっています。

 我が町では2010年、桜満開の上に雪が積もりました。確か4月17日だったかと。更に2013年は4月22日、桜は散ったけれど激しい降りで10cmの積雪を記録しています。幸い今回は冷たい雨だったけれど、もう少し気温が下がると怪しかったかも。しかし数日前は20℃を超える日が続いていたし、天候に付いていけないのが正直なところです。

2010年4月17日

2013年4月22日

 この状況でも気温7℃を掲げタイヤ交換の目安にするのは変わりませんが、その時々で判断するしかないですね。特に山間部などを走る機会があるのならGWあたりまで待ってもいいかな、と思います。

 こんな時オールシーズンの可能性どうでしょう。いま最も主張を強めているのはグッドイヤー「Vector 4Seasons Hybrid」です。冬性能に次いで夏性能もアピール展開しています。国内におけるオールシーズンの認知は最小ながら普及へ繋がるのか注目しています。

広告
336
広告
336