アジアンスタンダード 圧巻の価格追求!【価格比較2017】

(2017年6月17日)
 6月から値上げが報じられる中、アジアンタイヤへの影響を確認してみました。カテゴリー随一の価格追求を図るスタンダード、その魅力が維持されているのか注目ですね。以下、価格の後者が最新です。

(2017年3月28)
 低価格を謳うアジアンタイヤ、その中でも追求レベルが最大となるのはスタンダードカテゴリーです。例えば 195/65R15(いずれも1本当たりの価格)なら、

HIFLY「HF201」→ 2,460円
ZEETEX「ZT1000」→ 2,240円
RADAR「RPX800」→ 2,590円

 何とも凄い価格です。これ以外もラインアップされる製品は皆価格への意識を高めています。従ってカテゴリー平均価格は圧巻の 2,736円 です。

 以下にそれぞれを示します。サイズは 195/65R15 をピックアップ、設定がないものは他で代用します。カテゴリー平均価格は 195/65R15 が設定される製品のみで算出しました。

NANKANG
CX668(165/80R15)3,990円 → 3,990円
N-729(195/65R14)3,950円 → 3,950円

ATR RADIAL
ECONOMIST ATR-K(165/55R15)2,290円 → 2,140円

NEXEN
N’priz SH9J(165/55R15)3,080円 → 3,080円

HIFLY
HF201 2,460円 → 2,460円

ZEETEX
ZT1000 2,240円 → 2,240円

MOMO
OUTRUN M-2 3,490円 → 3,490円
OUTRUN M-1(155/65R14)2,490円 → 2,490円

RADAR
RPX800 2,590円 → 2,590円

MINERVA
EMI ZERO HP 3,080円 → 3,080円

OVATION
VI-682(195/65R15)2,560円 →(215/60R16)3,660円

スタンダードは標準性能を主としながら、価格の安さが爆発。この魅力が最大特徴となる。近年はプライベート(PB)タイヤへの傾向を強く感る。更に価格追求は進む。
広告
336

シェアする

フォローする

広告
336