アジアンコンフォート 価格差大きいのが特徴【価格比較2017】

(2017年6月15日)
 6月から値上げが報じられる中、アジアンタイヤへの影響を確認してみました。コンフォートにおいて、オートウェイ で展開される製品は変動無し。一方、楽天市場で展開される NITTO は僅かに値上げ、FEDERAL は変わらずです。以下、価格の後者が最新です。

(2017年3月27)
 アジアンコンフォートはラインアップ数がスポーツ同等、いやそれ以上かな。しかも価格追求製品が見られます。但し、サイズ展開がいまひとつ難しいのが残念。コンフォートカテゴリーを対象とする車種には 195/65R15 が多いけれど、必ずしも対応しているとは限らないんです。

 無いならショウガナイ。代わりに 215/45R17 で確認しましょ。最も安価なのはZEETEX「HP2000 vfm」かな、圧巻の1本 2,890円 です。またHIFLY「HF805」は 3,130円、この2つには驚くばかりです。なおカテゴリー平均は 5,430円 です。

 以下製品別の価格を示します。215/45R17 をピックアップ、設定がないものは他で代用します。カテゴリー平均価格は 215/45R17 が設定される製品のみで算出しました。

NANKANG
RX615 5,490円 → 5,490円
ECO-2+ 5,240円 → 5,240円
N-605(235/50R17) 6,920円 → 6,920円
XR611(235/50R17) 5,990円 →(205/60R16)  5,990円

ATR RADIAL
CORSA 2233 3,990円 → 3,990円

NEXEN
N7000 Plus 5,260円 → 5,260円
N’blue HD Plus(195/65R15) 3,980円 → 3,980円
CP672 5,780円 → 5,780円

HIFLY
HF805 3,130円 → 3,130円

ZEETEX
HP2000 vfm 2,890円 → 2,890円
HP1000 3,990円 → 3,990円
ZT2000(195/55R16) 4,490円 → 4,490円

MOMO
OUTRUN M-3 5,290円 → 5,290円

RADAR
Dimax R8+(215/40R17) 4,390円 → 4,390円
VERENTI R6 4,490円 → 4,490円
RZ500 3,690円 → 3,690円

MINERVA
EMI ZERO UHP 4,180円 → 4,180円

MAXTREK
MAXIMUS M1(235/45R18) 5,890円 → (215/45R17) 3,590円
FORTIS T5(245/35R20) 4,490円 → 4,490円

FEDERAL
FORMOZA AZ01 8,700円 → 8,700円
FORMOZA FD2 8,535円 → 8,535円

NITTO
NT830 10,800円 → 11,100円

他カテゴリーに比較して豊富なラインアップを形成、アジアンタイヤを比較する上では理想的な展開のひとつ。エコタイヤもコンフォートへの配置で成立している。
広告
336

シェアする

フォローする

広告
336