2017年2月新車販売ランキング ホンダ「N-BOX」強し!

 2017年2月の新車販売ランキングが発表されました。自販連(日本自動車販売協会連合会)と全軽協(全国軽自動車協会連合会)が公表、それを併せ当サイトでは総合ランキングとしています。タイヤが目指す方向付けに新車販売動向は大きく影響します。従ってその時々のクルマ事情を把握することは重要です。

【2月トップ10ランキング】

1、ホンダ N-BOX(軽)19,429台
2、日産 デイズ(軽)16,039台
3、トヨタ プリウス 15,958台
4、ダイハツ タント(軽)15,102台
5、日産 ノート 14,859台
6、トヨタ C-HR 12,985台
7、スズキ ワゴンR(軽)12,585台
8、トヨタ アクア 11,379
9、ダイハツ ムーブ(軽)11,312台
10、日産 セレナ 10,983台

 軽カー、勢い戻ったのね! と思った1月は気のせいでした。しかし、2月は久々に5車種がランクイン、1月はその前兆だったのかも。しかも、ホンダ「N-BOX」の好調さが際立ちます。3ヶ月連続1位は凄い。確かに居住性はいい。ここ最大では。

 また何かと話題豊富なトヨタの新型「C-HR」が6位まで上げました。小型SUVとして受けているのは間違いない。格好悪さに一時の人気が失われた「プリウス」ながら3位まで戻しているのは流石です。

一般社団法人 全国軽自動車協会連合会の公式webサイトです。
広告
336

シェアする

フォローする

広告
336