2016年自動車タイヤ国内需要実績を発表 JATMA

 JATMA(一般社団法人日本自動車タイヤ協会)では、「2016年自動車タイヤ国内需要実績(2017年自動車タイヤ国内需要見通し発表時の2016年の見込みと実績)」を発表しています。

 ややこしい記載なので補足を。2016年12月15日付けで「2017年自動車タイヤ国内需要見通し」を発表しました。この内容は2015年実績、2016年実績見込み、そして2017年見通しです。この内2016年実績見込み が 実績 として確定したものです。

 確定値を乗用車用に限定してみるとこうなります。

【新車用タイヤ】単位千本

乗用車用 実績見込み(35,901)前年比100% → 実績(36,129)前年比100%

【市販タイヤ 販社販売】単位千本

乗用車用(夏) 実績見込み(34,722)前年比 99% → 実績(34,811)前年比99%
乗用車用(冬) 実績見込み(16,789)前年比101% → 実績(16,552)前年比99%
     計  実績見込み(51,512)前年比100% → 実績(51,363)前年比99%

 市販タイヤが僅かに前年割れです。冬タイヤが当初程ではなかった、ということかと。2016年の前半はショウガナイ、しかし新シーズンとなる11月の降雪は市場の活性化に繋がったと感じています。それでも見込みまでは到達せず、だったんでしょうね。天候の影響を大きく受けやすく難しいところです。

2016年自動車タイヤ国内需要実績(2017年自動車タイヤ国内需要見通し発表時の2016年の見込みと実 JATMA

広告
336
広告
336