住友ゴム 英国市場における FALKENブランド強化へ動く

 住友ゴムでは、英国市場における FALKENブランド強化に動きます。米グッドイヤーとのアライアンス契約解消により、欧州で FALKEN の自由度が増したことにより、新たな取り込みを図るのが狙いかと。

 これまでも住友ゴム主導による DUNLOPブランドが使用出来ない地域では、FALKEN などを展開して来ました。しかし市場ではグッドイヤー主導の DUNLOP と競合することが多かった。アライアンス契約解消には複雑化した覇権争いがあったのでは。

 今回住友ゴムが取ったのは既存会社の買収です。その会社は Micheldever Group Ltd.(以下MD社)という。MD社は傘下に Micheldever Tyre Services Ltd.(以下MTS社)等を保有する持株会社です。

 MTS社は英国内の約6,000以上の小売店、自動車修理工場等にタイヤ卸を行う他、直営のタイヤ小売チェーン「PROTYRE」を約100店展開し、年間約600万本を販売する英国大手のタイヤ卸・小売会社です。ここに FALKEN を集中投下して認知向上、ボリュームアップに繋げる、ということかと。

広告
336

シェアする

フォローする

広告
336