住友ゴムが海外の DUNLOP ブランド事業を買収したという

 住友ゴムから、海外のDUNLOPブランド事業を買収した、というニュースが発表されました。詳しくはまだよく分からないので、取り敢えず発表内容をそのまま伝えますね。

 英国の Sports Direct International plc(スポーツダイレクトインターナショナル社、以下SDI社)から、海外のDUNLOP商標権とDUNLOPブランドのスポーツ用品事業およびライセンス事業買収について、137.5百万ドル(約161億円)で合意したという。

 タイヤ事業は欧米やインド、豪州等を除き、全世界(タイ、インドネシア、ブラジル、南アフリカなど86カ国)でDUNLOP商標権の使用権者(ライセンシー)から所有権者(ライセンサー)となる。

 スポーツ事業と産業品事業は、今後全世界でDUNLOPブランドの商品を展開できることになる。またSDI社が行っているDUNLOPブランドのスポーツ用品を製造・販売するスポーツ用品事業とDUNLOPブランドのライセンス事業も買収する。

 なお、事業の買収および買収後の運営は、住友ゴムとそのスポーツ事業子会社であるダンロップスポーツ(株)が共同で設立する新会社、ダンロップインターナショナル(株)が行う。

 注目はタイヤ事業です。今後詳細が分かりましたら改めてお伝えしましょう。

広告
336

シェアする

フォローする

広告
336